Bunny The Flat
フラットコーテッドレトリバーのグレースとウェルシュコーギーペンブロークのミルクのDog Life
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
伊豆天城鉱山跡
こんにちは!5歳になりましたグレースです!
DSC_1778.jpg
5歳の一年もますますパワフルに、探犬グレースとしてがんばっていきますよ~!
DSC_1729_20170408090706888.jpg



さて、西伊豆の50mの秘瀑・大滝を堪能したグレですが、
DSC_0603_20170408091153f83.jpg

飽くことなき探求の道は続いています!
DSCN0219.jpg

>くんくん、このハイドウのもっとサキに、ハイキョとテツ、そしてさらにもっとコいパラダイスのにおいがします!!
DSCN0218.jpg

しばらく行くと、廃道の上を川がクロスして流れている地点に来ました!
DSCN0222.jpg

浸食された簡易舗装路はここで終わり、その先には荒れたダート道と掘っ立て小屋みたいなのがあります!
DSCN0224.jpg

>くんくく!これですよこれ!
DSCN0227.jpg

おお!いきなり!?
DSC_0633_20170408093056ce6.jpg

これはバッテリーロコといわれる電動の機関車だね!?
DSCN0235_2017040809263207e.jpg

>はじめまして、くんくんくくく!
DSCN0234.jpg

>くんくん、あれおへんじがないね?
DSC_0646_20170408093940e67.jpg

>このコはもうつかれてウゴけないっていっています!
DSCN0233.jpg


このロコに書かれている伊豆天城鉱山とは、かつていくつかの鉱山を運営していた中外鉱業が保有していた鉱山で、
DSC_0635.jpg

ここでは金や銀が産出されたといわれている。
DSC_0636_20170408093112e4b.jpg

その中外鉱業は1987年に鉱山事業から撤退したとされ、
DSC_0637.jpg

その後この鉱山は伊豆鉱山株式会社により90年代まで操業が続いたとされているが、詳細は定かではない。
DSC_0683_20170408094341814.jpg

現在は山奥に放置され、動きを止めた証人たちは静かに自然に溶け込もうとしているようだ。
DSC_0663.jpg

細部を見てみよう!
DSC_0665_20170408101224cc9.jpg

草軽電鉄のデキ12のように、運転室は狭くて運転士は横向きに腰かけて運転したようだ。
DSC_0671_20170408101214748.jpg


マスコンハンドルと、スピードメーターは無くて電圧計だけがある計器盤。
DSC_0649.jpg
このハンドルで前進後退を制御した。
DSC_0653_2017040809561892a.jpg
右前照灯、左前照灯という表記が面白い。ようするに前と後ろなんだけど、運転士が横向き乗車だから左右と表記されている。
DSC_0654_201704080956177bc.jpg

>わたしもシュッパツシンコウ!ってやってみたかったけど、ざんねんです・・・
DSC_0657_201704081011582b3.jpg

いまは線路も分断され、
DSC_0661_20170408101850709.jpg

用途を失ったロコは、静かに眠っているようでした。
DSC_0682_201704081012220f2.jpg

ロコの後方には朽ちた検査小屋が残っています!
DSC_0687_20170408101802dd0.jpg
内部は荒れていて、建屋はいまにも崩れそうでしたが、
DSC_0640_20170408101817ff2.jpg
往時の息吹をわずかに感じることはできました。
DSC_0639_201704081018144bf.jpg


>さあ!もっとサキにすすみましょう!
DSC_0685_201704081028054bd.jpg
>このロコがすすんでたミチをたどりましょう!
DSC_0689_20170408102817667.jpg

グレに付いて軌道跡をたどっていきます!
DSC_0710_20170408103444d6b.jpg

途中にはこんなものが落ちていて、その道が正しいと教えてくれます!
DSC_0729_20170408103500fd3.jpg

そして渓相はより美しくなり、
DSC_0715_201704081035093d6.jpg

>バシャ―!
DSC_0716_20170408103455666.jpg

鉱山鉄道は山深く進んでいきます!
DSC_0725_201704081035100c8.jpg

石垣のある切通。
DSC_0737_20170408104314e70.jpg

かつてはこのあたりが居住区だったんでしょうか。
DSC_0740_20170408104340aba.jpg

並走する仁科川源流も険しさを増します
DSC_0746_201704081043270c9.jpg

ところどころ足場が頼りなくなっていますが、かつての鉱山探検と比べたら、道跡があるというだけで十分恵まれてると思います!
DSC_0748_201704081050074b0.jpg

そして再び大きな石垣が現れたところが、
DSC_0760_20170408105028cf8.jpg

>はあはあ!このうえになんかありますよっ!
DSC_0757_2017040810503675a.jpg

試錐作業場跡、鉱石の積み込み場の跡です!
DSC_0779_20170408110223e32.jpg

途切れたはずのレールがこの石垣の上には残っていて、
DSC_0774_20170408110205ee7.jpg

そのレールを追っていくと
DSC_0769_201704081109215e3.jpg

作業小屋の先に、
DSC_0790_20170408111141c8d.jpg

DSC_0764_2017040811092954a.jpg

作業場の建屋の跡と、
DSC_0780_201704081109360e6.jpg

ぽつんと置き去りにされたトロッコが1台。
DSC_0761_20170408105033eaa.jpg

鉱石はここでトロッコからバッテリーロコに積み替えて、スイッチバックしてさっきのところに運んでいたのだろう。
DSC_0807_20170408111700195.jpg

はやる気持ちを抑えて、まずは小屋の中を見てみよう!
DSC_0811_20170408111713460.jpg

小屋内部はまさに兵どもが夢の跡といった感じで、ガラスも飛散していて、進入するのはためらわれました。
DSC_0788_20170408112252c4a.jpg

機材の充電設備でしょうか?引火爆発を防ぐために特殊なライトが坑内では使われたと聞いたことがあります。
オイルのようなのも置かれたままになっています!
DSC_0786_201704081122467f9.jpg

山の男の汗や数々の笑い声が、この畳にもドカヘルにも沁み込んでいるのでしょう。
そう考えると安易に触れることができない気持ちになりました。そっとしておきましょう。
DSC_0789_20170408112258d91.jpg


さあ、この鉄路の指し示す先、探検のクライマックスを目指そう!
DSC_0783_2017040811231542c.jpg


>いつもならここで【ゼンペン】おわりっ!【コウヘン】につづくっ!ってなるんですが、きょうはおたんじょうびキネンでイッキにいっちゃいますよー!!
DSC_0796_201704081123180aa.jpg


はたして、トロッコが見つめるその鉄路の先には、
DSC_0905.jpg

橋脚が流失し、宙ぶらりんとなったレールの橋があり、
DSC_0801_2017040811420940e.jpg

その先には、ぽっかりと口を開けた穴が!
DSC_0805_201704081142127d5.jpg

紛れもない坑口です!
DSC_0903_20170408122532349.jpg


ついに、
DSC_0824.jpg

その核心に辿りつきました!
DSC_0822_20170408114712252.jpg

>では、シンニュウしまーす!
DSC_0820_201704081151195c3.jpg

内部は岩がゴツゴツ張り出しています!
DSC_0836_2017040811512145a.jpg

坑道は僅かに右にカーブしています。床には水が流れてて、おびただしい湿気を感じます!
DSC_0837_20170408115121de6.jpg

2、30mほど進んだとこで、坑道が十字の交差点みたいになっています!
DSC_0838_20170408115118dd8.jpg

線路は直進していますが、左側の坑道は大崩落していて、土砂がせり出ています!
DSC_0840_201704081157390ee.jpg

右側は10mほどで終わっているようです。
DSC_0843_20170408115737a7d.jpg

まっすぐ伸びる線路はさらに坑道の奥深くへと続いています!
DSC_0841_201704081157354cb.jpg

その先にもっとすすみたかったのですが、帰ってきたときにここの崩落が進んでて出れなくなったらどうしよう?と思ったら自重せざるを得ませんでした。
DSC_0839_20170408115707874.jpg

ちょっと引いてストロボで。
DSC_0849_20170408120550ccb.jpg

こんな凄い遺構を前にしてここで止めちゃうなんて我ながらチキンだなあとは思いますが、
DSC_0845_20170408120527ded.jpg

この慎重さがあるから細く長く探検を続けられてるんだよと自分に言い聞かせました(笑)
DSC_0855_2017040812054644a.jpg

それでも現存するレアな坑道内トロッコ軌道跡、堪能できました!
DSC_0862_20170408121551bf3.jpg

>ふう~、おソトのくうきはおいしいです!
DSC_0869_20170408121615500.jpg

さあここまでのイチレンを、ドウガでどうぞ!!
DSC_0874_20170408121600efd.jpg





>さてパパ、さっきわたしがハイキョのにおいのほかにパラダイスのニオイもしてるっていったのおぼえてますか?
DSC_0882_20170408122518dbc.jpg

>ほーら、センロのもっとむこうから、あのオトがしてくるの、きこえますかぁ?
DSC_0894_201704081225115cc.jpg

>どうやらきょうのゴールはもうちょっとさきにあるようですねぇ!?
DSC_0909_20170408122526d49.jpg

(つづく)

にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 お出かけ・お散歩へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へ

 
スポンサーサイト
遥かなる入道沢鉱山 【3/3】トロッコの墓場
草津の入道沢鉱山探検、索道積み込み所から一歩外に出ると、
DSC_0522_20160714103423753.jpg

積み込み所の右側は土砂崩れで崩壊していて、
DSC_0520_201607141034279cd.jpg

DSC_0518_20160714103428b36.jpg

岩石と木材から逃れるように顔を出す二つの鋼鉄塊がありました!
DSC_0513_2016071410340496f.jpg

>くくくんくんくくっ!?これってあれですか!?
DSC_0506_2016071410415016d.jpg

トロッコで鉱石を山盛りに積んできては、パワーショベルみたいにひっくり返ってドシャーっと落とすやつ、、
バケットっていうのかな?
DSC_0508_20160714104146b26.jpg

つまり、こういうの。
HTB1KLEMGXXXXXb8XXXXq6xXFXXX0_01.jpg


・・・ということはトロッコ軌道跡なんかもあるかもしれないね、まわりをもっとしらべてみよう!
DSC_0498_20160714110830806.jpg


はたして積み込み所の左側に出てみると、
DSC_0494_201607141108278ea.jpg

そこにははい即答!というかんじでトロッコがひっくり返っていました!
DSC_0491_20160714110808a72.jpg

役目を終えた台車は、文字通り肩の荷が下りたようにぐにゃっとなって、土に溶けて行こうとしています!
DSC_0487_20160714111544e12.jpg

横の涸れた沢筋をみると、同じような台車が散見されます。冬の氷河に流されたんでしょう。
DSC_0485_20160714111537147.jpg

>くぅ~ん、なんかかわいそうですねえ、
DSC_0489_201607141115540e8.jpg

鉱石や精錬屑の黄色い石の間を硫黄臭をおびた鉱水が滴り落ちています!
DSC_0490_20160714111549ef3.jpg

朽ちた彼らのひとつひとつが、力尽きてなお、かつての栄華を雄弁に主張しているように感じました!
DSC_0581_201607141233053b5.jpg

さてここまでのシーンの動画をどうぞ!




さあ、つぎはこのトロッコの河が指し示すズリ山にのぼってみよう!
DSC_0530_20160714113251b63.jpg

積み込み所の上に出ました。まん中がさっきまでいた積み込み所の天井です。
DSC_0532.jpg

なにかパイプラインの跡みたいなのがあって、右の先には鉱水の湧いてるとこ、この河のはじまりがありました。
DSC_0497_20160714110825fa1.jpg

>くんくん、あっちをオオマワリすれば、ズリやまのウエにかんたんにのぼれそうですよ!
DSC_0537_01.jpg


グレの先導でズリ山を回り込みます!おびただしいパイプが散乱しています!
DSC_0544_201607141137329fe.jpg

碍子の付いた柱。いろんなものが遺されています!
DSC_0545_20160714113733b5e.jpg

>くんくく、こっからのぼりましょう!
DSC_0546_201607141137303bc.jpg

閉山後数十年を経ても草木の生えてこない、異世界のような山を登ります!
DSC_0547.jpg

上に出ました!明らかな道の跡がついています!
DSC_0548_2016071411460909e.jpg

たどっていくと何らかの施設跡がみられ、
DSC_0549_20160714114609284.jpg

それらを踏みしめながらさらに進んでいくと
DSC_0551_201607141146050c9.jpg

>くんくくっ!
DSC_0552_20160714115423c9e.jpg

またトロッコがあります!
DSC_0553_20160714115447a6f.jpg

さらにはウインチのようなもの、
DSC_0554_201607141154469d4.jpg

振りかえるとこんな感じ。はるか上に万座道路が見えます!
DSC_0559_2016071411593063b.jpg


そして・・・ついに先端にたどりつくと、


>くんくくく、
DSC_0555_20160714115440460.jpg

>くんんっ!
DSC_0562_20160714115940db0.jpg

この断面は!?
DSC_0563.jpg

レールっ!!枕木も残っています!
DSC_0565_2016071412093046f.jpg

一対の鉄路は、ズリ山に潜り込んで消えています!
DSC_0569_20160714120943a75.jpg

きっとここが坑口だったんでしょう。墓標のように支保工の跡が立っています!
DSC_0567_20160714121002d61.jpg


もの言わぬ鉄路の残骸は、しかし朽ちてなお、かつての栄華の源を指し続けていたのです!
DSC_0571_20160714120950c0c.jpg

>くんくん!?
DSC_0570.jpg

そしてその傍らには、
DSC_0573_2016071412221954a.jpg

鉄の花束が手向けられたような、スコップの残骸たち。
DSC_0575_20160714122216a46.jpg

ここは、山の神に仕えて眠る、鉄路の墓場。
DSC_0578_20160714122212b43.jpg

心地よい風を浴びながらおにぎりを頬張り、この風景を心ゆくまで堪能しました。
DSC_0558_20160714115913474.jpg


さいごに今日の探検を無事に終わらせてくれた山の神、そして鋼鉄のガイドたちに一礼して、
DSC_0576_201607141222064a8.jpg

一年越しに実現したこの探検を締め、
DSC_0499_201607141041248b3.jpg

新緑の入道沢を下りました。
DSCN6517.jpg



にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 お出かけ・お散歩へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へ

 
遥かなる入道沢鉱山 【2/3】索道積み込み所跡
草津の入道沢鉱山跡につきました!さあ本番ですよ!
DSC_0383_201606232325095a4.jpg

索道のワイヤーの一方は架空状態を保ち、一方は無残に千切れて落ちています!
DSC_0392_20160630104510b3f.jpg

石に足を取られながらも這い上がるように登っていきます!
DSC_0394.jpg

ゴロ石の一部は人工の擁壁の一部が崩れたものだったようです!
DSC_0397_20160630105159a97.jpg

振りかえると、墜ちたワイヤーと、いまだ張られたままのワイヤーの対比が見られ、
DSC_0401_20160630105742519.jpg

張られた方を追っかけると鉄塔群にいきつきます!
DSC_0398.jpg

DSC_0410_20160630111655dba.jpg

擁壁の上は崩壊した建材の瓦礫の川になっていました!
DSC_0402_20160630105758eef.jpg

積み込み所の横に事務所みたいなのがあったんでしょう。
DSC_0406_20160630105759f49.jpg

索道関連のものなのか、よくわかりませんが、武骨な鉄塊がいいオーラを醸しています!
DSC_0403_20160630105803e7f.jpg

>くんくん、かすかにヤマのおとこのにおいがします。
DSC_0418_201606301111113d7.jpg

>!?
DSC_0417_20160630111053237.jpg


>くんくく、こんなのもありますね?
DSC_0421_2016063011111949d.jpg

これの丸まってる部分にあれが取り付けられてたんでしょうか?
DSC_0422_2016063011111233e.jpg

更にその傍らをよく見ると
DSC_0419_201606301111218db.jpg

なにかの施設跡。串刺しのままの金具たちが、何かを言いたがってるかのようです。
DSC_0409_20160630111658094.jpg


そして、ついに眼前に迫った積み込み所!
DSC_0414_20160630111655bc5.jpg

>はぁはぁ!ついにつきましたよ!
DSC_0423_20160630112558934.jpg

武骨な鉄塔は
DSC_0424_2016063011262055d.jpg
2対のワイヤーを放ちながら
DSC_0428.jpg
今まで私たちが登ってきた入道沢を見下ろしています!
DSC_0426_2016063011261367d.jpg

左下の沢筋が、はるか下の小山にぶつかって進路を右に変えてるとこ、あのあたりから私たちはやってきました!
DSC_0430.jpg


そしてこの鉄塔の背後で口を2つ開けて
DSC_0429_20160630112935d2e.jpg

ワイヤーを飲み込んでるのが、
DSC_0433_201606301129552d7.jpg

この詰込み施設の廃墟です!
DSC_0432_201606301129539ec.jpg

内部は木材がおびただしく崩壊していますが、
DSC_0435.jpg

コンクリートはしっかりしているので
DSC_0438_20160630114252384.jpg

>はいっちゃいましょう!
DSC_0436_20160630114247aff.jpg

>ひゃ~パパのつくえみたいにちらかってますねー!?
DSC_0440_20160630114252111.jpg

山から突き出ていたので後ろは坑道かと思ったら壁でした。
DSC_0441_2016063011425287a.jpg

足元に注意しながら奥へと進むと・・・
DSC_0446_20160630114814734.jpg

建物の中央部は4m×15mくらいの四角い穴になってて、おびただしい建材でフタがされた様になってますが、
DSC_0445_201606301148055ac.jpg

その下の暗闇からかなりの勢いで水の流れる音が聞こえてきます。地下坑道の入り口のようです!
DSC_0454_2016063011481964e.jpg

・・・とはいえ、
DSC_0481_20160630121555832.jpg

地階の床は光が届かない数m下。
DSC_0478_20160630121554aa1.jpg

さすがにこの地下に潜入するのはためらわれましたし、実際ムリでしょう
DSC_0452_201606301148213cf.jpg

ふりかえったとこです。
索道はここでリフトの終点みたいにUターンしてたんだろうと思います。
DSC_0450_201606301148226bc.jpg

ついさっきまで作業してたかのようにスパナが置かれています。
DSC_0528.jpg

木材にまじっていろいろな廃物が散らかっています。
DSC_0524_201606301202331b7.jpg

硫黄を満載したバケットはこれにぶら下がっていたんでしょう
DSC_0526_20160630120254dee.jpg

何十年もの間、人智の産物と大自然が戦ってきた結果がこれでしょう。
DSC_0458.jpg


>くんくん、なにやらレアもののにおいがしますよ・・・!?
DSC_0466_20160630121230516.jpg

>あーありましたよ!これこれっ!
DSC_0474_201606301212223bb.jpg

>よーし!どれどれ?オモくてとれないや!
DSCN6503.jpg

>こんなもん、かみくだいてやる!このっ、このっ!
DSCN6505.jpg

わー!それはだめだよ!爆発するよ!




と思ったら、箱だけで、中身は錆びた部品の山でした(笑)
DSC_0476_20160630121540ee9.jpg

>ふう~びっくりしました、そろそろソトのくうきがすいたくなりました~
DSC_0460.jpg

外は標高1500mの原風景・・・と思いきや、そこにも廃ワールドが!
DSC_0461_20160630120653f0b.jpg
(つづく)

にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 お出かけ・お散歩へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へ

 
遥かなる入道沢鉱山 【1/3】リベンジ!沢登り!
草津温泉にやってきましたよ。
でも温泉は素通りして、天狗山スキー場ちかくの芳ヶ平遊歩道に入りますよ!
DSCN6424.jpg

気温は16℃、すがすがしい新緑の遊歩道です!
きょうの目的は、この遊歩道に並走している矢沢川を遡り詰めること!つまり・・・
DSCN6426_201606232128229da.jpg



去年のGWの探検のリトライになります!
DSC_0270_20160623213407445.jpg

それはそれは美しい雪渓でした。
DSC_0250_20160623213359180.jpg

見上げると探検の水先案内人、入道沢鉱山の索道跡も迎えてくれていました。
DSC_0257_20160623213412ae3.jpg

でもね・・・
DSC_0282_201606232134094bb.jpg

進むにつれて深さを増すクレバス。
DSC_0537_20160623214611604.jpg

単独行ゆえ、安全を考えて、このときは退却を決断しました。ごく理性的に。
DSC_0292_20160623214523143.jpg



・・・ということにしてたわけですが、、
ほんとうはもっと大事なことを隠していました。 
あのとき、正直言うと、クレバスなんて怖いと思ってなかったんです。
ところがね、そんな私たちに、
DSC_0276_20160623213411185.jpg


大自然は明らかな警告を発してきました。
DSC_0312_20160623214536377.jpg

ハーフパイプを滑走するスノーボーダーのように私たちの目の前に駆け下りてきた使者は、
「今日はもうこれ以上近づくな」
そうはっきりと私たちにメッセージを伝えてきたのでした・・・
DSC_0301_20160623214537adb.jpg



あれから一年、遅い雪融け後、新緑のこの季節を待って、ふたたびここにやってきました。
DSCN6428.jpg

常布の滝に今日の探検の無事を祈って、
DSCN6430.jpg


>ニュウドウザワこうざんタンケン、シーズン2、はじまりでーす!
DSC_0381_20160623221425a08.jpg


常布の滝を背に、遊歩道から自己責任の道へと入ります。
DSCN6433_201606232219397d4.jpg

去年の探検より一月遅れるだけで、熊笹の背丈がずいぶん違いますが、
一度通っているというのは大きいです。
DSCN6435_20160623221959897.jpg

道を見失うことなく矢沢川に降りました!
DSCN6437_2016062322195421d.jpg

水量は少な目、快適な遡行ができそうです!
DSCN6439_2016062322195034e.jpg

例によって赤い沢との分岐に出ました。赤い右が矢沢川の上流で、左が目的の入道沢です!
DSCN6443.jpg

>おみずはスッパくてまずいです!ペットボトルのおみずをください!
DSCN6445_20160623223031cf4.jpg

鉱水が混じってるのでここの沢水は飲めません。きれいなんだけどね。
DSCN6446_20160623223024348.jpg

巨岩と小滝を乗り越えながら、シャワークライム開始です!
DSCN6450.jpg

新緑がほんときれいです
DSCN6454.jpg


>あっ、あそこにアレがみえてますよ!?
DSCN6456.jpg

沢の右岸には早くも索道跡が姿を見せました!
DSCN6461_20160623223741e47.jpg

この上流にある入道沢鉱山は古くは白嶺鉱山と呼ばれ、白根硫黄鉱山などと並ぶ有数の硫黄鉱山でした。
DSCN6468.jpg

索道で天狗山スキー場方面に運ばれた硫黄は、トラックで更に運ばれて、
DSCN6463_20160623224227965.jpg

白根や石津、万座鉱山の硫黄とともに草軽電鉄の貨車に載せられて全国に出荷されたそうです。
DSCN6467.jpg

しかし硫黄の化学的生産法が確立した昭和中期に、他の鉱山同様、閉山を余儀なくされたそうです。
DSCN6464.jpg

はたして、上流にはどんな形で鉱山跡が残っているのでしょうか?
DSCN6465.jpg

そんなことを考えながらも、頭上には絶えず注意しながら進みます。
DSCN6469.jpg

徐々に荒涼とした高山の風景になってきました!
DSCN6470.jpg

はるかかなたに目的地が見えてきました!
DSCN6472_2016062322594116e.jpg

鉱石の積み込み所跡です!
DSCN6486.jpg

>ああわくわくしますねえ!
DSCN6473.jpg

はりきって小滝をクリアしながら登っていきます!
DSCN6475.jpg

DSCN6477.jpg

水が飲めないのが残念ですが、ほんときれいな沢。疲れるけど楽しいシャワークライムです!
DSCN6481.jpg

いちばん楽しいこのあたりで、
DSCN6483.jpg

写真の右のへんから湧き水が垂れてるのを見つけました!ごくごく飲んでボトルにも補給しときます!
DSCN6484.jpg

DSCN6487.jpg

>そしてついにっ!はぁはぁ!
DSCN6492.jpg

鉱山跡の威容がはっきりと見えるとこまでやってきました!
DSCN6488.jpg

スタートから3時間、
DSCN6499.jpg

はるかなる道のりを経て、
DSCN6495.jpg

ついに本丸にいどむときが来ました!
DSC_0386_20160623232515f8e.jpg

入道沢硫黄鉱山、
DSC_0387_2016062323251950f.jpg

>タンケンかいしっ!
DSC_0399_20160623232830413.jpg

(つづく)

にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 お出かけ・お散歩へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へ

 
草軽電鉄 二度上駅跡
大正4年に新軽井沢を始発とする高原鉄道として産声を上げ、
Img1096.jpg

大正15年には新軽井沢~草津温泉間が全線開通し、
Img1095.jpg

昭和37年の廃線に至るまで、軽井沢・北軽井沢・草津温泉の三大観光地の発展に大きく寄与した草軽電気鉄道
DSCN0168_2016050413525222d.jpg

このロマンあふれるいにしえの軌跡を求めて、2009年からの数年間、バニーと全線55.5kmのほぼすべてを踏破しました。
(その記録はこちら
Img1007.jpg


そしてグレースと、当時みた遺構を再びめぐるうち(前回の探索記はこちら)、
そのなかでも最難関ともいえる、山中に眠る二度上駅の廃墟に再訪したくなりました。
そこで雪融け後、芽吹き前の今を狙って、満を持してグレといにしえの軌跡に挑みましたよ!
昭和12年の地図を、
国境二度
現在の地図に重ねるとこうなります!
nidoageoldmap.jpg
熊川源流と、浅間牧場、ゴルフ場に囲まれた山中に、草軽は走っていました。
この地図中央を目指します!


群馬と長野の県境、国境平にきています!
昭和中期までツツジの名所だったここは、ゴーストタウンとなった廃別荘地に変わり果てています!
DSC_0959_20160504142422627.jpg

バニーと歩いた記憶をたどると…
Img0747.jpg

Img0748.jpg

すぐにあの時歩いた軌道跡に辿りつきました!
DSC_0961_201605041424315f9.jpg
草が茂ってないので、堀割状の軌道跡は、簡単にトレースすることができます!
DSC_0962_20160504142440109.jpg

左に廃貯水池が見えます。道を間違えていない目印がこれです!
DSC_0963_201605041424408b2.jpg

気持ちよい高原の朝です。もちろん熊鈴は必携です。
DSC_0964.jpg

このあたり、一直線にレールが伸びていたのがよくわかります。
DSC_0965_20160504144114793.jpg

営林のため時々人が入るからでしょう、軌道跡には木が生えていなくて、以前よりもはるかに歩きやすくなったように感じます。
DSC_0967_20160504144123208.jpg

ただのお散歩としても、最高に気持ちいいロケーションです!
DSC_0968.jpg

倒木だってシラカバですから、邪魔に感じません(笑)
DSC_0970_20160504144115347.jpg


軌道跡が大きく左へカーブしてるとこで、
>くんくくくっ・・・!?
DSC_0971_20160504144819140.jpg

グレース、どうしたの?
DSC_0978.jpg

>はぁはぁ、なんでもないです、サキをいそぎましょう!たったった!
DSC_0981_2016050414483626c.jpg


その先のバニーと汗だくで超えた倒木エリアは
Img0755.jpg
5年以上たっても名残をとどめていました。
DSC_0980_201605041448288a3.jpg


そしてその直後、左上と右下に道が分かれて見えるとこに来ました!どっち行けばいいのかな?
DSC_0984.jpg

>あれー?よくわかんないです、、キがたおれてないこっちにいきましょうかぁ!?
DSC_0986_201605041458159fc.jpg



すると・・・なんと!空からバニーの声がするじゃぁないですか!?


>>グレースよ、フォースをつかうのですよ!
Img0756.jpg

>はっ!バニーさん、ありがとうございます!
DSC_0987_20160504145828c03.jpg

>わかりました!こっちがセンロのアトです!いきますよ!
DSC_0990_20160504145824359.jpg

グレについて緩やかな坂を下りていくと、右手に姿を現したものは!?
DSC_0991_20160504145821953.jpg

慌てて近寄ると、そこに土に還ろうとしている二度上駅舎の姿がありました!
DSC_0992.jpg

>はあはあ!エキのにおいがします!
DSC_0993_201605041509315ee.jpg

>くんくん、かすかにバニーさんのにおいがします!
DSC_0996_20160504150920b00.jpg



あのときから6年の歳月、
Img0758.jpg
そして、廃線から50余年の時の流れは、
Img0759.jpg

この廃墟に大きな変化をもたらしていました。
DSC_0994.jpg

思えば、あの時も、今日にしても、
DSC_0999_20160504151938996.jpg

この遺構の記録をするうえで、それぞれの節目のラストチャンスだったのかもしれないね。
DSC_0997_20160504151931392.jpg

これからもこの生き証人は、そう長くはない時間をかけて、
DSC_1000_2016050415193822a.jpg

かつての栄華と、
DSC_1005_20160504152917267.jpg

その誇りを、
DSC_1012_20160504164321b30.jpg

50幾層の落ち葉に溶かしながら、
DSC_1009_2016050415312864d.jpg

土になっていくんだろうか。
DSC_1025_20160504170234354.jpg


>ねえ、すこしまわりもみてみましょうよ!
DSC_1011_20160504153121f72.jpg

我に返って周りを見渡すと、
DSC_1006.jpg

写真では分かりづらいかもしれないが、後方の斜面から、「Z]の字を描くように、
駅舎の目の前まで軌道跡がスイッチバックしていたのを感じ取ることができます。
DSC_1007_201605041531137c0.jpg

ホーム跡に沿って引き込み線終端方向に歩いてみると、
DSC_1020_2016050416432876a.jpg

バニーときたときには草に埋もれて気づかなかった遺構をみつけました!
DSC_1018_20160504164333aaf.jpg
一説によるとトイレの基礎の跡ということらしいです。
DSC_1016_20160504164321326.jpg

>バニーさんのリベンジもかないましたね!
DSC_1029_20160504170509d21.jpg


さてここで、今までの一連の遺構を動画でお見せしましょう。
DSC_4226_20160504170514055.jpg
往時の駅構内の写真と比較しながら、どうぞ。



さてこのあとは、やはりバニーとは見ていない、この駅の北軽井沢側(栗平側)の軌道跡を確認することにしました。
DSC_1030_20160504170517229.jpg

しばらく進むと熊笹の道になり、
DSC_0010.jpg

聞いていた通り、昨夏グレといった橋台跡にあとすこしというところで、大土砂崩れで通行不能となりました。
あっという間に下に降りてるグレを呼び戻して引き返します。
DSC_0013_20160504171132ccf.jpg


さあ、帰ろうか、いい探検ができたね!
DSC_0017_20160504171705166.jpg

おっと!帰りは写真右の軌道跡を上がっていかなきゃ、、そっちはちがうよ。
DSC_0019_20160504171548708.jpg

>まだかえりません!このさきにはパラダイスがあるはずです!そっちによっていきたいです!
DSC_0018_201605041716046bd.jpg
え~グレース!?なんでそんなことがわかるの~?




>>フォースですよっ!
Img0767.jpg
MAY THE FORCE BE WITH YOU ・・・(from Bunny on MAY 4th)

(つづく)

にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 お出かけ・お散歩へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へ

 
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。