Bunny The Flat
フラットコーテッドレトリバーのグレースとウェルシュコーギーペンブロークのミルクのDog Life
201402<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201404
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
塚山公園から畠山へ
横横道路横須賀インターのちかくに来ています。
きょうはここから山歩きをして、三浦アルプスの畠山、乳頭山に行きますよ。
DSCN6986.jpg

まずは畠山と反対方向に山道を進んで塚山公園に行ってみましょう
DSCN6989.jpg

塚山公園は駐車場がないのでこうして歩いていくしかないんですよ、
安針塚駅から歩くのが普通ですが、クルマでワンコとって場合はこっちがよさそうです。
DSCN6993.jpg

もうちょっとです
DSCN6995.jpg

着きました
DSCN7007.jpg

ここには三浦按針のお墓があります。これかと思ったらこれは石碑でした。
DSCN7004.jpg

説明です。
DSCN6997.jpg

これがお墓でした。
DSCN7000.jpg

しかしいい景色ですねえ!
DSCN7009.jpg

横須賀港が遠望できます。
DSCN7012.jpg

いまごろは桜が咲いてもっときれいでしょうね。いい公園だなあ。
DSCN7016.jpg

それではスタート地点に戻ります。
DSCN7015.jpg


最初の写真では反対に行くと大楠山と書いてありますが、
インターの前のとこで大楠山方面に行かないでインターから遠ざかる北西のほうに道なりに進むと、山道になります。
(2行目の三浦アルプスのリンクの地図を参考に)
DSCN7022.jpg

横横道路の下をくぐって、踏み跡みたいな道を進んでいきます。
DSCN7025.jpg

うわあ、すごい階段です
DSCN7029.jpg

高圧鉄塔の下もくぐります。このへんが逗子と葉山の市境らしいです。
DSCN7031.jpg

山歩きらしくなってきましたよ。
DSCN7032.jpg

すっかりあったかくなりましたね、早くもベロが出ています
DSCN7035.jpg

ここも一気に登っていきます
DSCN7038.jpg

案内のないT字路みたいなとこに出てしまいました!
>くんくんくん、右へいってください!
DSCN7052.jpg

>道がのぼってるでしょ、こっちですよ!
DSCN7040.jpg

>ほーら、道しるべが出てきましたよ。
山中町からきましたが、まず右の畠山山頂に行きましょう。
DSCN7042.jpg

畠山山頂への道は細いですね。
DSCN7046.jpg

>くんくん、たぶんもうちょっと!
DSCN7047.jpg

畠山山頂に着きました!
DSC_7024.jpg


山頂点のとこに馬頭観音があります、ちょっと休憩。
DSC_6995.jpg

そのむこうは横須賀の港や市街地が一望できますね!
DSC_6992.jpg

いや~いい眺め!
DSC_6997.jpg


>くんくん、実はですね、ここも昔は防空砲台があったんですよ。
DSC_7003.jpg

>海軍警備隊 第一高角砲大隊所属 畠山高角砲台として、12センチ単装高角砲4門が装備されてたそうです。探してみましょう!
DSC_7002.jpg

実際付近を歩くと二子山と同じような砲台跡の丸い窪みを3つは見つけることができました。
DSC_7006.jpg
しかし藪がすごくて、写真にするとなんだかわからなくなってしまいます(笑)
DSC_7023.jpg

そのうちの一つのそばに、時代ははっきりしませんが、おびただしい数のセメント袋が放棄されて固まってるのがありました。
DSC_7009.jpg

>よくわからなかったけど面白かったです。
DSC_7019.jpg

>低くてもお山のいただきは気持ちいいですね。
DSC_7021.jpg


さて、そろそろ移動しましょう。
DSC_6989.jpg

さっきの三叉路のとこに戻りました。
こんどは三浦アルプスを縦走して乳頭山を目指しましょう!なんか見つかるといいね! (つづく)
DSC_7025.jpg

にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 お出かけ・お散歩へ
スポンサーサイト
湘南国際村から子安の里へ
湘南国際村の奥のPにきましたよ、そのなかでも最奥にクルマを停めました。
DSCN7067.jpg

いつもは大楠山に向かう方にお散歩するのですが、今日は違う方に行ってみようよ
DSCN7071.jpg

ミルクも行きますよ
DSCN7069.jpg

それではスタートです
DSCN7070.jpg

ミルクは淡々と歩き始めましたが、
DSCN7073.jpg

一人だけおかしなテンションのひとがいます
DSCN7076.jpg

グレースは行ったり来たりしながら進んでいくので倍くらい歩いてるね(笑)
DSCN7075.jpg

>みんなそろってるとテンションが上がります!
DSCN7078.jpg

グレースは何度も一緒に走ろうとミルクを誘いますが、ミルクはマイペースです。
DSCN7080.jpg

>いくよっ!
DSCN7081.jpg

>・・・
DSCN7085.jpg

>もお~っ!
DSCN7094.jpg

だんだんお山の中に入っていきますよ
DSCN7082.jpg

DSCN7089.jpg

DSCN7090.jpg

このへんから踏み跡道みたいになってきました
DSCN7091.jpg

まあ道を間違えたってどっかに出るだろう的な感じでいっちゃいます。
DSCN7108.jpg

そんなに傾斜もきつくないのでミルクものんびり山歩きできます。
DSCN7107.jpg

>きもちいいです
DSCN7110.jpg


突然、すごい大木のあるところに出ました。
DSCN7100.jpg

>おっきな木ですねえ!
DSCN7102.jpg

これは樹齢400年のタブノキで、ここの守り神として大切にされているそうです。
三浦半島の銘木50選になってるそうですが、まわりに案内みたいなのは一切ありません。
森と藪の中に、ひっそりとありました。
DSCN7101.jpg

ここでひとやすみして、また歩き始めましょう
DSCN7118.jpg

落ち葉の道を下りていきます。
DSCN7115.jpg


ひと気のあるとこにでてきました。リードをします。
DSCN7123.jpg

子安の里に着きました。
DSCN7125.jpg
昔ながらの長閑な山村です
DSCN7127.jpg
雲が覆ってますが、相模湾の向うに富士山が見えます
DSCN7126.jpg

無人の売店があります
DSCN7146.jpg
地元で採れた野菜を売っています。
DSCN7149.jpg
菜の花120円というのが安くて、あるだけ買っちゃいました。
あと、オレンジマーマレードも。これはほんとの手作りでかなり甘さ控えめでした。
DSCN7148.jpg


この子安の里一帯は、歴史ある庚申塔群が点在していることで有名だそうです。
その代表的なものを探しに行きましょう。
DSCN7128_20140327095907d5a.jpg

坂を下りていきます。炭焼き窯なども点在しています。
DSCN7130.jpg


>これじゃないですかぁ?
DSCN7140.jpg

御幣を担いだ一猿の庚申塔と書いてあります。
DSCN7142.jpg
横須賀市の西海岸だけに見られる珍しいもの、いずれも享保年中に建立されている、んだそうです。
DSCN7135.jpg
地元の人によって大切に守られているようです。
DSCN7132.jpg

これがその猿ですが、顔がない?
DSCN7138.jpg

これは見ざる言わざる聞かざるになってますね
DSCN7133.jpg

こういうものにはあまり造詣がないのですが、優しい気持ちにはなりました。
DSCN7134.jpg


さあ、元の道を歩いて帰りますよ
DSCN7154.jpg

今日は涼しくて良かった~
DSCN7157.jpg

>こっちこっち!
DSCN7152.jpg
>わかってるわよ
DSCN7158.jpg

ミルクは今日はがんばってます
DSCN7159.jpg
倒木だって
DSCN7161.jpg
このとおり!
DSCN7160.jpg

>ここらで休憩しましょう
DSCN7163.jpg
帰りは大木の森じゃないほうの近道を歩いたらちょっとした広場みたいなとこに出ました。
DSCN7165.jpg

ここでミルクは休憩
DSCN7182.jpg

DSCN7173.jpg

グレースはもうひと遊び
DSCN7176.jpg

DSCN7169.jpg
>いえ~い!
DSCN7185.jpg

>たのしかったです!
DSCN7175.jpg

>タフだねえ
DSCN7180.jpg


このあとは佐島の「海辺」にいって遅めのひるごはんを食べました。
DSCN7187.jpg

お昼時は過ぎてたので
DSCN7203.jpg

テラスのワンコOK席は独占状態でした。
DSCN7196.jpg

例によって海辺定食!これにさらにサバの味噌煮も来ました。
遅かったので生シラスが終わってたのが残念だけど、その分違うお刺身になっています。
DSCN7207.jpg

天ぷらのかぼちゃとアラ汁の白身をどうぞ
DSCN7208.jpg

帰るころになって日が射してきました。キラキラしてきれいでした。
DSCN7215.jpg

充実した休日の午後になりました。
PhotoGrid_1395388539355.jpg

にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 お出かけ・お散歩へ
田浦・倉庫&廃線めぐり /その3 締めは海軍バーガー!
横須賀市田浦の軍用線の廃線跡に沿って散歩しています。
DSC_6925.jpg

これまで、下の緑で塗りつぶした線を見てきて、いまこのへんにいます。あともうちょっとです。
DSCN6959r4.jpg


グレースが、地面になにかレアアイテムがあると言っています。

見ると、それは海軍時代の止水栓でした!
DSC_6923.jpg

この波の形の二本線は紛れもなく帝国海軍のマークですね!富岡公園で覚えました。
DSC_6924.jpg

>くんくん、くくんくんっ!
DSC_6926.jpg

>またありました、へっへ
DSC_6927.jpg
辺りを見ると、舗装の新しいとこは順次横須賀市のマークのものに取り替わっているようでした。グレース、でかした!

海に面した波止場に出ました。さっきまで見てたB,C,D倉庫の反対側です。Aというのは更地になっていました。
DSC_6928.jpg

古そうな岸壁です。昔はここに軍艦がいたのでしょうか。
DSC_6931.jpg

…と思って目を上げたら、あっちにホンモノがいました(笑)
DSC_6933.jpg

つづいてC倉庫の反対側です。
DSC_6934.jpg

このへんから、埋もれてた廃線跡がまた見えています。
DSC_6940.jpg

>くんくん?、なんかにおいますねぇ!?
DSC_6945.jpg

>くんくんくんっ!!
DSC_6938.jpg

こんどは海軍時代の消火栓がありました!
DSC_6937.jpg


線路は倉庫と岸壁の中間に沿って走っています。クレーンがあれば貨車から船に直接荷揚げできたでしょう。
DSC_6944.jpg

D倉庫です。あっち側は忙しそうだったけどこっち側は閑散としています。
DSC_6943.jpg

輸送手段はかつての船や鉄道から、トラックに完全にとってかわったわけですね。
DSC_6947.jpg

この錆びついた顔は、すべてを知り、腹にしまい込んでいるようでした。
DSC_6950.jpg

レトロなかつての海軍倉庫群、タイムトリップはおしまいです。
DSC_6951.jpg

さて倉庫を背に、舗装の痩せたところからわずかに顔を出している線路を追っていきましょう。
DSC_6952.jpg

また線路が見えてきました。
DSC_6953.jpg

取り壊されて更地になったA倉庫跡のはずれで、田浦からまっすぐ来た線路に合流します。
DSC_6954.jpg

>ここは踏切の跡みたいですね
DSC_6955.jpg

この線は、米軍への燃料供給のため最後まで使われました。
DSC_6957.jpg

これで行き止まりです。ここから先は米軍の箱崎燃料基地となります。
DSC_6958.jpg

変わりゆくかつての軍需部の名残を堪能できました。またいつか来たら、どれだけ残っていられるでしょうか…
DSC_6963.jpg


このあとは、横須賀港を見下ろす高台の公園にいきましたよ。
DSC_6975.jpg

>おくのほうにいきましょう!
DSC_6984.jpg

>おお、グンカンがいますね!
DSC_6976.jpg
巡洋艦?みたいなのが停泊しています。
DSC_6979.jpg

しばらくすると海風に混じって踏切の音が聞こえてきました。
平和の鐘みたいな音の中を、4両編成の横須賀線がのんびり、トンネルに消えていきました。
DSC_6974.jpg


このあとは横須賀のネイビーバーガーのお店に行きました。
DSCN6969.jpg
米軍のレストランで修行したオーナーが、軍基地前で40年以上も変わらぬアメリカの味を提供している
という老舗「ハニービー」です。

店内はアメリカンな感じ、中で食べたいとこですが、今日はテイクアウトにしました。
DSCN6971.jpg

ママにもお土産に、ネイビーバーガー227gを2つ頼みました。ほかにメニューはこんなにあります。
DSCN6968.jpg

急いで横横道路を飛ばして家に帰りました!
さあネイビーバーガーです。
DSCN6973.jpg

パンも鉄板でこんがり焼いてあります。
DSCN6982.jpg
ひっくりかえして、こっち側にケチャップを塗るのが流儀なんだそうです。
DSCN6977.jpg

いよいよ実食!
DSCN6983.jpg

まいう~っ!グレにもケチャップのないとこのお肉を一口あげるよ。
DSCN6984.jpg

お留守番のミルクにもね!
DSCN6985.jpg


にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 お出かけ・お散歩へ

田浦・倉庫&廃線めぐり /その2 レアアイテム
横須賀線・田浦の旧海軍軍需部長浦倉庫が立ち並ぶ地区に来ています。
軍用貨物線の廃線跡に沿って倉庫を見ながら歩いてきました。
緑の線がもう見たとこで、いまはこのへんにいます。
DSCN6959rr.jpg

ここで、田浦駅から分岐してトンネルをくぐったあとの線路に出合いました。
DSC_6849.jpg

あの先のカーブの向うがトンネルなんでしょう。
DSC_6850.jpg

ポイントで2線にわかれ、手前でさらにわかれています。
DSC_6852.jpg

最後に枝分かれした左の線は進路を大きく左に向けて、
DSC_6846.jpg

道路を渡って、
DSC_6855.jpg

いままで歩いてきた線路の先に合流していたようです。
DSC_6843.jpg

残りの複線みたいな2線は、
DSC_6854.jpg
間隔を少し広げて並走し、
DSC_6851.jpg
道路にぶつかって
DSC_6858.jpg
交差していたようです。
DSC_6859.jpg
>これは踏切のあとですね!
DSC_6847.jpg

では道路を渡ってみましょう。さっきまでずっと歩いてきた道路です。
DSC_6856.jpg

道路を渡った複線路は、道路とともに走っている線路、
つまりいままで歩いてきた線路と直角に交わることになります。
DSC_6862.jpg

これがレアアイテム、今や全国的にも数えるほどしかないダイヤモンドクロッシングです。
DSC_6864.jpg

軌道が砂利に埋もれていますが、この先トンネルまであった線路は、
先のほうでも舗装工事で埋められてしまってました。ここだけでも残ると良いのですが。
DSC_6860.jpg

田浦駅方向を見ます
DSC_6868.jpg

複線のもう一方のダイヤモンドクロッシングです。こっちの方が埋もれています。
DSC_6871.jpg

いままで歩いてきたこの線路は、2つの線路と交差して、その先で消えています。
DSC_6869.jpg

サイロと11号倉庫をバックに1枚。
DSC_6972.jpg

それではこんどは交差してきたこの複線路に沿って歩いていきましょう。
DSC_6877.jpg

ここからしばらくは道路の両サイドに藪に埋もれた線路が走っています。
DSC_6879.jpg

往時はここで長い貨物列車が行き違いをしたのでしょう。
DSC_6882.jpg

また倉庫群が見えてきました。
DSC_6884.jpg

2本の線路は倉庫群を左に見ながら、右にカーブして通り過ぎていきます。
DSC_6888.jpg

この辺は大きな踏切だったんだしょうね。この奥側の線路が藪になってるとこから
DSC_6965.jpg

倉庫方面に後戻りする形で分岐があります。
DSC_6964.jpg

こういうのをスイッチバックというのですが、
DSC_6967.jpg

そういうかたちで倉庫のほうに支線が伸びていますね。
DSC_6889.jpg

では、支線に沿って倉庫を見に行きましょう。
DSC_6885.jpg

手前からB号倉庫、C、D号とつづきます。みんな違う形です。
DSC_6970.jpg

その道の反対側に5号倉庫があり、線路はそっち側に行っていますね。
このB,C,D,5号倉庫はいずれも第二海軍航空廠、つまり東京湾対岸の木更津航空隊の補給工場だったらしいです。
DSC_6969.jpg

まずはB倉庫。
DSC_6890_20140319234235a1b.jpg
黄味がかったレトロな色です
DSC_6887_20140319234231c54.jpg
側面にはクレーンのようなものが突き出ています。
DSC_6968.jpg

つぎにCですね。
DSC_6891.jpg
迫力を感じます
DSC_6920.jpg

そして、F号とならんで今回楽しみだったのが、この5号倉庫です。
DSC_6893.jpg

傍らには貨車に積み込むためのホッパーみたいなものがあります。
DSC_6892.jpg

その下を線路が貫いています。
DSC_6894.jpg

他の倉庫にはない大きなひさしが特徴ですね。
DSC_6895.jpg

ひさしの下を線路が走ってます。なんかいいなあ、こういうの。
DSC_6899.jpg

DSC_6897.jpg

あっちにいってみましょう
DSC_6901.jpg

DSC_6904.jpg

かつてここではどんなものが貨車に積み込まれていたのでしょう?
DSC_6902.jpg

許可をいただいて遠慮がちにパチリ。
DSC_6921.jpg

>すごい雰囲気ありますねぇ、ここ。
DSC_6911.jpg

グレースーっ、後ろっ!
DSC_6908.jpg

なんと!国鉄の時代から時間が止まってますね。
DSC_6907.jpg

>これはびっくりしましたねえ!
DSC_6916.jpg

本日2つ目のレアアイテムでした。
DSC_6919.jpg

残りはCの奥にあるD号ですね
DSC_6914.jpg
忙しそうに積み込み中だから、これでいいや。
DSC_6913.jpg

あとはあっちに戻って、港の側に行ってみよう・・・

>ちょっとまってください! くんくんくんくんっ!レアアイテムですっ! (つづく)
DSC_6922.jpg

にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 お出かけ・お散歩へ

田浦で海軍倉庫と廃線めぐり その1
横須賀線の田浦駅にきましたよ。
今の時期といえば田浦の梅林ですが、反対の出口に来ちゃいましたねえ。
DSCN6947.jpg
跨線橋から線路を見ると、トンネルとトンネルの間にできた駅であることがわかりますね。
DSCN6951.jpg
あれ、反対の横須賀側は線路が増えてトンネルが3つになってますね。
DSCN6957.jpg
左の線路は今では本線から離されて錆びついていますね。廃線のようです。でも廃線のトンネルが一番大きいですね。
DSCN6955.jpg
実はこの田浦駅の海側の長浦港一帯は、戦前から海軍工廠になっていて、
横須賀線からは、軍用線が分岐して海軍軍需部長浦倉庫にはりめぐらされていました。
きょうは、梅林じゃなくて、その名残を探検に行くよ。
>わかりました!
DSCN6958.jpg

さっそく信号を渡ると、現在は民間に払い下げられている元海軍倉庫群の地図がありますね。
DSCN6961.jpg
看板には数字とアルファベットのふられた倉庫群と、1998年まで米軍の燃料輸送のために残ってた最後の線路が書いてあります。
そこにかつて張り巡らされていた実際の線路配置をピンクで書き足してみました。
DSCN6959r.jpg
それではこの「現在地」から、近い順に廃線跡とレトロな海軍倉庫を追っていきましょう。


さっそく目の前に7号倉庫があります。
DSC_6745.jpg

これはかつて第一水雷庫だったそうです。
DSC_6746.jpg

いまは民間の低温倉庫になっていますね。奥に駅の跨線橋が見えます
DSC_6829.jpg
7号を超えてくと線路が出てきました。かつてはここは踏切だったんでしょう。
DSC_6830.jpg


線路を渡ったとこの倉庫群を右から順にみていきましょう。
DSC_6753.jpg

K号倉庫です。
DSC_6766.jpg

これはかつての光学兵器庫です。
DSC_6750.jpg

こじんまりとした小さな倉庫ですね。
DSC_6754.jpg

現在は使われていない感じです。
DSC_6757.jpg

上にある小窓がしゃれています。
DSC_6758.jpg

側面は窓が塞がれてるのか?なんかアートっぽく見えます
DSC_6751.jpg

じゃあ、次に行きましょう。
DSC_6769.jpg



つぎは、その隣のE号倉庫。
DSC_6759.jpg

かつての兵器修理工場。
DSC_6776.jpg

ギザギザ屋根が特徴ですね
DSC_6764.jpg

低温恒温倉庫と書いてありますが、これも今は使われてないようです。
DSC_6771.jpg

長らく使い手がないからか、青いフェンスで囲まれてしまっています。その前を廃線路が走っています。
DSC_6761.jpg


さらにお隣にあるのが、今回最も楽しみにしていたF号倉庫です。
DSC_6768.jpg

これがF号倉庫です
DSC_6774.jpg

かつての第三水雷庫。
DSC_6832.jpg

大正6年築、レンガ造りで上からモルタルが塗られてるそうです。
DSC_6831.jpg

下の方に少しレンガが見えています。
DSC_6777.jpg

>しぶいですねえ!
DSC_6793.jpg

青空に浮かぶようなF、レトロな格子窓。
DSC_6790.jpg

錆びた鉄格子
DSC_6789.jpg

鉄扉は長いこと固く閉じられているようです
DSC_6783.jpg

蔦が容赦なく広がっています。
DSC_6824.jpg

夏にはこの窓も緑で埋め尽くされてしまうのでしょう
DSC_6825.jpg

かつては水雷をためこんでいた不気味な倉庫も、今や穏やかに余生を過ごしているようでした。
DSC_6797.jpg

それじゃあまた線路に沿って奥に進んでいきましょう。
DSC_6795.jpg


F号倉庫を過ぎると廃線路は道路の左側に移ります。
DSC_6800.jpg
このへんはまだ専用軌道として埋もれずに残っています。
DSC_6805.jpg

軌道の向う側には最初に見た7号があって
DSC_6803.jpg
その奥のほうにレンガ造りの海上自衛隊艦船補給所食糧庫、かつての第二計器庫が見えます。
DSC_6810.jpg

そっちは立ち入り禁止なので線路の右側の倉庫を見ていきます。
DSC_6798.jpg

G号倉庫です。
DSC_6802.jpg

これはかつての第三電機庫だそうですが、
DSC_6801.jpg

外壁がリフォームされてるのか、新しっぽくてあまりカッコよくないですね、流しましょう(笑)
DSC_6822.jpg


その奥にあるのが、H号倉庫です。
DSC_6807.jpg

かつての、通信兼電気兵器庫。
DSC_6806.jpg

カタチはひとつ前のGに近いですが、外壁がこうなだけでムードが全然違います。
DSC_6813.jpg

DSC_6811.jpg

傍らには小さな木造の詰め所みたいなのが寄り添っています
DSC_6808.jpg


この先は海上自衛隊艦船補給所で、立ち入り禁止です。
DSC_6815.jpg

線路もここで終わり。
DSC_6814.jpg
途中から2線に分岐していました。
DSC_6816.jpg
車止めのところで記念撮影です。
DSC_6817.jpg


それではK号倉庫のとこに戻って、線路の反対方向に歩いていきましょう。
このへんの線路は徐々に埋もれたり除去されて道路が拡幅されていってるようです
DSC_6833.jpg

小さな川を渡ります。鉄橋が並走してたはずなんですが…
DSC_6834.jpg
撤去されて、岸に橋台の跡だけ残っています。
DSC_6835.jpg
元軌道敷だった舗道を進みます。
DSC_6837.jpg
砂利になったらまた線路が顔を出してきました。
この辺も順次工事中なんでしょうか?
もうちょっと先に全国的にも貴重なモノがあったはずなんですが・・・残っているでしょうか?(つづく)
DSC_6842.jpg

にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 お出かけ・お散歩へ

 
二子山高角砲台跡 後編
逗子の二子山山頂にきています。
DSC_6731.jpg
砲台跡の奥に見えるKDDIの電波塔のウラに、かつての探照灯の台座が埋もれているらしいです。
グレースはそれを見つけるんだと張り切っています。
DSC_6715.jpg

小雨がそぼ降る中、藪の中に入っていくと・・・
>まってください!
DSC_6702.jpg

>くんくんくん、こっちだとおもいます!
DSC_6701.jpg

>さあ、ついてきてください!
DSC_6703.jpg

背丈よりも高い藪の中に入っていきます。
すると、たしかに探照灯台座が見えてきました。
しかし、写真に撮っても藪しか写りません。結局、藪漕ぎしながら探照灯台座の真下まで来ちゃいました。
DSC_6708.jpg

ここまで、びしょびしょになるわ、レンズは曇るわ、おまけに掴んだ木の枝がトゲトゲで流血するわで、
テンションがた落ちになりました(笑)
しかしここまで来たら、その先にあるもう一本の探照灯台座はクリアに見ることができました。
DSC_6707.jpg

先ほどの高角砲台跡は見ようによってはただの窪みなので、
これがここに砲台施設があったことを証明する遺構になります。
DSC_6705.jpg

これで今回の目的は達成したので、再び元の場所に戻ります。
グレースは巧みに藪をすり抜けて先に行ってしまいました。

>まってましたよ!
DSC_6711.jpg

>こっからはボール遊びねっ!
DSC_6716.jpg

>ひゃっほう!
DSC_6717.jpg

雨で誰もいないので山頂の砲台跡で思いっきり遊ばせてもらいました
DSC_6719.jpg

砲台を駆け下りるグレース
)

>えいっ
DSC_6722.jpg
>ガブッ
DSC_6721.jpg
>ついでに木の枝も!
DSC_6735.jpg
どろんこになってもへっちゃらです
DSC_6732.jpg
>ふう~
DSC_6723.jpg

>お山歩きと探検、たのしかったです!
DSC_6720.jpg

>こんなところ、まだほかにもありそうですねえ!
DSC_6729.jpg
小雨にびしょびしょになりながらも、やけに達成感のあった、二子山高角砲台跡でした。

にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 お出かけ・お散歩へ

二子山高角砲台跡 前編
去年の秋にいった二子山(過去記事はこちら)の山頂、
なんとあそこにかつて海軍の高角砲台があったと聞いて、再びやってきました。
逗子の南郷上ノ山公園です。
DSC_6655.jpg

以前と同じくここから二子山に通ずる山道を登っていきます。
DSC_6656.jpg

なんとこれってかつての軍道なんだそうです。
DSC_6658.jpg

いろいろ見ているうちに、道幅とかでなんとなくそういう雰囲気がわかるようになった気がします。
DSC_6659.jpg

小雨が降るあいにくの天気ですが、そのかわり誰もいなそうです。どんどん進みます。
DSC_6661_2014030914094396e.jpg

>いや~もうこのみちのかんじはカンペキぐんどうですねぇ!
DSC_6666.jpg

グレース、適当言ってないかぁ?
>へへ…
DSC_6667.jpg

何も知らないと何とも思いませんでしたが、知ってしまうと見え方が変わるもんですねえ!
DSC_6665.jpg

なんか赤い実がなってますね
DSC_6668.jpg

あともう一息で山頂だ
DSC_6671.jpg

KDDIの電波塔がみえました。山頂です。
DSC_6672.jpg
そこを左に上がると展望台のある山頂広場だったね、
って、
おおっ!
DSC_6673.jpg
いきなり見えたこれが砲台跡でした!

山頂点と、展望台と、砲台跡の位置関係はこんなかんじです
DSC_6684.jpg

砲座のまわりは土塁で固められていて、浅いすり鉢状になっています。
DSC_6674.jpg

展望台から俯瞰します。
DSC_6675.jpg
砲座の下はなだらかな斜面になっていて、今日は雲っていますが、東京湾方面が見晴らせます。
DSC_6676.jpg

正確には、横須賀海軍警備隊・第一高角砲大隊所属・二子山高角砲台というのだそうです。
DSC_6679.jpg

ここ二子山山頂には、12センチ単装高角砲が4門設置されていたそうです。電波塔のところには兵舎があったようです。
DSC_6696.jpg

武山の砲台山の砲台とは違い、ここのはコンクリートは一切使われていないようです。
DSC_6677.jpg

グレースが砲座の中央でどや顔しています
DSC_6697.jpg

資料によれば4門は東西に一直線に並んでいたようで、これは東から2番目のものだと思われます。
DSC_6698.jpg

西側のは下二子山に通じる遊歩道に接するようにあったはずなので周囲を見てみましたが、藪が深すぎてわかりませんでした。
DSC_6686.jpg

まあ、これがこんなにハッキリわかりますので十分といえば十分ですが。
DSC_6692.jpg

>ねぇ、砲台山もそうだったけど、砲台があるってことはさ、探照灯もどっかにあったんじゃないですか?
DSC_6689.jpg

>よし、それをさがしてみましょう!わたしの鼻でなんとかみつけてみます! (つづく)
DSC_6727.jpg

にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 お出かけ・お散歩へ
バニー最後の探検 片島魚雷発射試験場跡 (2012.3)
2年前の春休み、当時13歳9か月のバニーを連れて、クルマでママの実家がある長崎に行きました。
DSCN1892.jpg

そのとき、ひょんなことから川棚町片島にある、魚雷発射試験場跡を訪ねました。
まだ当時は戦跡に興味があったわけではなく、珍しい廃墟があるから寄ってみようという感じでした。
奇しくもこれが初めての戦跡探索、そしてバニーとの最後の探検になりました。

地図を頼りに細長い半島の先端にやってくると、遺構が姿を現しました。
DSCN1897.jpg

近づいてみると、L型の桟橋のようなものの先に、小さな建物があります。
DSCN1899.jpg

左に目をやると、そこには天井が崩れ落ちた石積みの建物がありました。
DSCN1900.jpg
これが魚雷収蔵施設と言われているもので、
そこからまっすぐ海に向かって魚雷発射台がのびていて、横にあるのはその監視塔だそうです。
DSCN1902.jpg

ここでこの施設の説明を引用します。

佐世保鎮守府が開庁されて間もなく、海軍工廠が佐世保湾の北岸に開設された。
この工場で製造される魚雷を実地に発射実験するために大正七年(一九一八年)
川棚村の片島に魚形水雷発射試験場が設置された。
発射した魚雷の進行状況を頂上の観測所から観測し性能試験を行った。

太平洋戦争勃発後、昭和一七年(一九四二年)川棚に分工廠が設置されたことに伴い、
魚雷発射場の施設がさらに拡張され、片島は埋め立てられて陸続きとなった。

ということです。

では魚雷収蔵施設から見ていきましょう。
DSCN1924.jpg
下のほうは石積み、上のほうはレンガ造りになっているようです。
中に入ってみましょう。バニーは拾い食い防止の口輪をつけています。
DSCN1903.jpg

崩れた天井は撤去されたのか、内部はがらんどうです。
DSCN1906.jpg

中に生えている木の幹の太さが、歴史を物語っています。
DSCN1904.jpg

古代遺跡のような、奇妙な光景です
DSCN1909.jpg

中央にはプールのようなくぼみがありました。
DSCN1910.jpg

奥に仕切りで隔てられた部屋がありました
DSCN1914.jpg

ここで魚雷の調整を行ったのでしょうか。
DSCN1913.jpg

14歳を目前にしていても、バニーはしっかりと歩き、視力も衰えてはいましたが楽しく探索をしていました。
DSCN1915.jpg

陽が傾いてきました。
DSCN1911.jpg

ここで言う魚雷には、おそらく特攻兵器の回天も含まれていたのでしょう…
DSCN1917.jpg
悲しい時代の生き証人、床のタイルの輝きに冷酷さを感じました。
DSCN1918.jpg

外には監視塔が見えています
DSCN1920.jpg

そっちに移りましょう。
DSCN1923.jpg

バニーはここで待っててね。
DSCN1936.jpg

発射台に沿って歩いて端まで来ました。レール跡みたいなのが刻まれています
DSCN1930.jpg

突端は崩落していて、発射装置などくわしいことはわかりません。
DSCN1934.jpg

右が発射台部分、左が監視塔です
DSCN1925.jpg

3階構造になっていたのでしょうか
DSCN1928.jpg
中は床が抜けているので詳しくはわかりませんが、
上から魚雷の航跡をここで監視したのでしょう。
DSCN1926.jpg

傾いた陽が海面に反射しています
DSCN1927.jpg
一緒に来た娘と姪たちもおっかなびっくり見ています。。平和のありがたみを実感しました。
DSCN1935.jpg

ここで沖の方に目をやると、もう一つ建物があるのに気付きました。
DSCN1929.jpg
こんどはあっちにいってみましょう
DSCN1941.jpg
近づいてみたら、こちらは橋が落ちてしまっていて、行くことができませんでした。
これは監視所といわれています。監視塔との役割の違いはよくわかりませんが、
向う側に何かが隠れているような気がして、気になります。
DSCN1939.jpg

おまたせ。
DSCN1937.jpg
次は施設の裏の丘の上に登ってみよう。

お散歩ですよーということでここからミルクも参加しました。
10分ほど山道を歩いた丘の上にも小さな建物がありました。
DSCN1944.jpg
バニーもちゃんと登ってきました。
DSCN1946.jpg

これは魚雷監視望楼というそうです
DSCN1942.jpg
ここから下界を一望できます
DSCN1948.jpg
先ほどの発射台が見えます
DSCN1947.jpg
内部は崩壊と落書きが目立ちました。
DSCN1950.jpg
以上で探索を終了しました。

この時期になると、バニーとの最後の春のことが、走馬灯のように思い出されます。
DSCN1952.jpg
いま、グレースとやってる探検は、きっとバニーも空の上から楽しそうに見ててくれてるのでしょう。
もしかしたら、透明になって、いっしょに歩いているのかもしれません・・・

2012年3月、バニーと歩いた、片島・魚雷発射試験場跡でした。

にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 お出かけ・お散歩へ

小雨の日のお散歩
最近どうも休みの日は天気が良くないですねえ
DSCN6610.jpg

まあでもこんな日は人も少ないので、近場のお山にゆっくり散歩に行きましたよ。
DSCN6606.jpg

ミルクも一緒です
DSCN6613.jpg

ボール投げしながら進んでいきますよ
DSCN6603.jpg

雨でびしょびしょになるのはキライだけどこれくらいなら許容範囲ね
DSCN6635.jpg

だれもいないヒミツの道はこっちですよ
DSCN6615.jpg

はいはい
DSCN6623.jpg

ボールを投げて取ってをくりかえしながらどんどんグレースは行きます。
DSCN6620.jpg

はぁ…、もぉこのへんで休んでもいいんじゃない?
DSCN6625.jpg

そうですねえ、わたしもなにげにベロ出てるし
DSCN6622.jpg

ふう~
DSCN6628.jpg
おなかが冷たくて気持ちいいです
DSCN6639.jpg

いつのまにかボールが2つになってるね(笑)
DSCN6642.jpg

ミルクは休むっていっても、意外とじっとせずに気ままに徘徊しています。
DSCN6641.jpg
そして回復も早く、
ミ>いくよっ!
グ>…
DSCN6645.jpg

もうちょっとゴロゴロしてたかったです…
DSCN6626.jpg

わたしはもう早く家に帰って、おなかを洗ってほしいです。
DSCN6634.jpg

というわけで帰りましょう
DSCN6637.jpg
次の週末は春らしいお天気になるといいね。
DSCN6602.jpg

にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 お出かけ・お散歩へ

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。