Bunny The Flat
フラットコーテッドレトリバーのグレースとウェルシュコーギーペンブロークのミルクのDog Life
201604<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201606
絶景!浅間隠山
県道北軽井沢倉渕線の二度上峠にきましたよ。
DSCN5902.jpg
峠のサミットのとこに北軽井沢エリアの案内看板があるのですが、この写真の右上にある浅間隠山をめざしますよ!
それにしてもこの地図には二度上駅跡や秘瀑Aが描き込まれていてビックリ!普通の人が予備知識なしで行ったら遭難しちゃうよ!
DSC_0198_2016052811300572d.jpg


というわけで、峠のサミットから数百m倉渕側にある登山口から入山です!
DSCN5904.jpg

GW中のこの日ですが、晴れ予報なのに雲が垂れこめてなんと小雪がちらついています!ちょっと薄着だけど大丈夫かな?
DSCN5909.jpg

>パパはハレオトコですからなんとかなりますよ、、さあいきましょう!
DSCN5906.jpg

登山道ははっきりしていて迷うことはなさそうです
DSCN5911.jpg

もちろん熊鈴をぶら下げて歩いています。
DSCN5912.jpg


>ほぉら、なんとかなるっていったでしょぅ!?
DSCN5915.jpg

尾根筋に出たら空がぱぁっと明るくなりました!
DSCN5916.jpg

>さぁどんどんいきますよ!ていぅか、パパもうアセかいてますね?サイショからウスギかんけいないですね?
DSCN5922.jpg

日が出ると木々が一斉に輝いてきれいです
DSCN5923.jpg

緩やかな尾根道を進みます
DSCN5926.jpg

さっきまでいたあたりがどんどん下になって、目線が高くなっていくのが実感できます!
DSCN5928.jpg

熊笹におおわれた美しい原生林です
DSCN5930.jpg

>はあはあ!だんだんノボりがキュウになってきましたね?
DSCN5934.jpg

お水を飲んで、ひとやすみ。
DSCN5937.jpg

さあもう一息、がんばろう!
DSCN5935.jpg

>おそらがひろくなってきましたね!もうすこしですね!
DSCN5943_201605281207055ca.jpg

木の枝越しに浅間山が見えます
DSC_0146_201605281209112d5.jpg

このへんはけっこう急で、汗がしたたり落ちます
DSC_0151_201605281209163eb.jpg

だいぶ登ってきました
DSC_0152_20160528124134bef.jpg

>ハアハア!あともうちょっとっておもってからがけっこうありますねえ!
DSC_0154_20160528124201bf3.jpg

といいつつも、
DSC_0158_20160528124153193.jpg

いつのまにか眼下に見える景色のスケールが、
DSC_0159_20160528124159626.jpg

ずいぶんすごいことになってきたなあと思い始めたら、
DSC_0163_20160528124628251.jpg


>へっへ・・・
DSC_0170_20160528124627b45.jpg

>ついにっ!
DSC_0171_20160528125110920.jpg


>つきましたっ!
DSC_0174_201605281251292a9.jpg
浅間隠山1756.7m、登頂です!
DSC_0175_201605281251323fa.jpg

>はあはあ!あしがすくんじゃうくらいのすごいゼッケイですね!
DSC_0177_20160528125123150.jpg

浅間山からはじまって、
DSC_0172_201605281251192a7.jpg
上州の山々が大パノラマで見渡せます!
DSC_0168_2016052812463037e.jpg


>それではドウガでぐる~っとどうぞ!
DSC_0183.jpg






いま私たちの背後にある山々からは、ここ浅間隠山のせいで、正面に見える浅間山が隠れちゃうことから、この名がついたそうです。
DSC_0181_20160528130006a22.jpg

>うしろのおやまのひとたちー、すいませんねぇ!
DSC_0189_20160528130512262.jpg


GWの二度上探索、締めは大絶景の、
DSC_0186_20160528130453941.jpg

浅間隠山でした。
DSC_0190_2016052813051301d.jpg


いつまでもここにいたいけどねー、思い切って帰ろうか。
DSC_0193_20160528130504f43.jpg

>わかりました、でもまたちがうおやまにいきましょうよ!
DSC_0194_20160528130516a86.jpg

にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 お出かけ・お散歩へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へ

  
スポンサーサイト
A秘瀑
伝説の高原鉄道・草軽電鉄の二度上駅の廃墟から、
DSC_1014_20160515231406050.jpg

グレのフォースにまかせて藪を漕いで行ったら・・・
DSC_0988_20160504145825d17.jpg

なんと熊川の源流に辿りつきました!
DSC_0020_2016051523165447a.jpg

あたりは遅い春が届いたばかり。
DSC_0022_20160515231718788.jpg

まだ冬枯れの景色の中、秘境の川を遡行していきます。
DSC_0023_20160515231706b60.jpg

実は途中からゴルフ場敷地から踏み跡道が出てきてて、川を渡って左岸に付いているのですが、
DSC_0024_20160515231710d6b.jpg

私有地であることをかんがみて、国の管理物である一級河川・熊川の遡行にこだわっています。
そこはグレパパのフォースによる判断です(笑)
DSC_0025_2016051523172051f.jpg


>パラダイスのにおいがコくなってきましたよー
DSC_0026_20160515233859b36.jpg

穏やかな川の流れに朝日が反射してきれいです。
DSC_0028.jpg


>くんくん、くくく・・・!?
DSC_0035.jpg


>ハアハア!たったった!
DSC_0036_20160515234750c83.jpg


>これです!クサカルをあるいてるときにもキヅいたパラダイスのにおいはここからきてたんです!
DSC_0043_2016051523521933e.jpg

>さあ!タキのぜんぼうをしらべましょう!
DSC_0046_20160515235229c8e.jpg


これが二度上の山中に眠る秘瀑Aです!
DSC_0048_20160515235743e4f.jpg

左の熊川本流の主瀑と、右の枝沢から流れ落ちる副瀑によって構成される美しい瀑布です。
DSC_0056_201605152358019e8.jpg

実はこの秘瀑には名前があるのですが、周辺の地権者の意向により伏せられています。
DSC_0051_20160515235750e6b.jpg
というのもこの場所は修験道の修行に使用されているのだそうです。
DSC_0062.jpg


いつもならボールを投げて遊ぶとこですが、きょうは荘厳な瀑布にむかってグレと一礼しました。
DSC_0067_2016051600083927b.jpg


動画です



>タキにはよくフドウさまがマツってありますが、やはりかみさまがやどっているんでしょうか?
DSC_0065.jpg

そうかもしれないねー
DSC_0071.jpg


俗世間とは隔絶された山奥に、
DSC_0097_201605160031026af.jpg
人知れず静かに流れる秘瀑は、
DSC_0094_20160516003058e91.jpg
伝説の高原列車の秘境駅跡とともに、まもなくいっぱいの緑に埋め尽くされることでしょう。
DSC_0104_20160516003430cda.jpg


今日の出会いの感謝を秘瀑に伝えて、
DSC_0129_2016051600345584b.jpg
秘境駅跡にむかって、再び川を下るのでした。
DSC_0134_201605160034571cf.jpg


さて、つぎは本物の二度上峠に向かってみようか!
DSC_0138.jpg

にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 お出かけ・お散歩へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へ

 
草軽電鉄 二度上駅跡
大正4年に新軽井沢を始発とする高原鉄道として産声を上げ、
Img1096.jpg

大正15年には新軽井沢~草津温泉間が全線開通し、
Img1095.jpg

昭和37年の廃線に至るまで、軽井沢・北軽井沢・草津温泉の三大観光地の発展に大きく寄与した草軽電気鉄道
DSCN0168_2016050413525222d.jpg

このロマンあふれるいにしえの軌跡を求めて、2009年からの数年間、バニーと全線55.5kmのほぼすべてを踏破しました。
(その記録はこちら
Img1007.jpg


そしてグレースと、当時みた遺構を再びめぐるうち(前回の探索記はこちら)、
そのなかでも最難関ともいえる、山中に眠る二度上駅の廃墟に再訪したくなりました。
そこで雪融け後、芽吹き前の今を狙って、満を持してグレといにしえの軌跡に挑みましたよ!
昭和12年の地図を、
国境二度
現在の地図に重ねるとこうなります!
nidoageoldmap.jpg
熊川源流と、浅間牧場、ゴルフ場に囲まれた山中に、草軽は走っていました。
この地図中央を目指します!


群馬と長野の県境、国境平にきています!
昭和中期までツツジの名所だったここは、ゴーストタウンとなった廃別荘地に変わり果てています!
DSC_0959_20160504142422627.jpg

バニーと歩いた記憶をたどると…
Img0747.jpg

Img0748.jpg

すぐにあの時歩いた軌道跡に辿りつきました!
DSC_0961_201605041424315f9.jpg
草が茂ってないので、堀割状の軌道跡は、簡単にトレースすることができます!
DSC_0962_20160504142440109.jpg

左に廃貯水池が見えます。道を間違えていない目印がこれです!
DSC_0963_201605041424408b2.jpg

気持ちよい高原の朝です。もちろん熊鈴は必携です。
DSC_0964.jpg

このあたり、一直線にレールが伸びていたのがよくわかります。
DSC_0965_20160504144114793.jpg

営林のため時々人が入るからでしょう、軌道跡には木が生えていなくて、以前よりもはるかに歩きやすくなったように感じます。
DSC_0967_20160504144123208.jpg

ただのお散歩としても、最高に気持ちいいロケーションです!
DSC_0968.jpg

倒木だってシラカバですから、邪魔に感じません(笑)
DSC_0970_20160504144115347.jpg


軌道跡が大きく左へカーブしてるとこで、
>くんくくくっ・・・!?
DSC_0971_20160504144819140.jpg

グレース、どうしたの?
DSC_0978.jpg

>はぁはぁ、なんでもないです、サキをいそぎましょう!たったった!
DSC_0981_2016050414483626c.jpg


その先のバニーと汗だくで超えた倒木エリアは
Img0755.jpg
5年以上たっても名残をとどめていました。
DSC_0980_201605041448288a3.jpg


そしてその直後、左上と右下に道が分かれて見えるとこに来ました!どっち行けばいいのかな?
DSC_0984.jpg

>あれー?よくわかんないです、、キがたおれてないこっちにいきましょうかぁ!?
DSC_0986_201605041458159fc.jpg



すると・・・なんと!空からバニーの声がするじゃぁないですか!?


>>グレースよ、フォースをつかうのですよ!
Img0756.jpg

>はっ!バニーさん、ありがとうございます!
DSC_0987_20160504145828c03.jpg

>わかりました!こっちがセンロのアトです!いきますよ!
DSC_0990_20160504145824359.jpg

グレについて緩やかな坂を下りていくと、右手に姿を現したものは!?
DSC_0991_20160504145821953.jpg

慌てて近寄ると、そこに土に還ろうとしている二度上駅舎の姿がありました!
DSC_0992.jpg

>はあはあ!エキのにおいがします!
DSC_0993_201605041509315ee.jpg

>くんくん、かすかにバニーさんのにおいがします!
DSC_0996_20160504150920b00.jpg



あのときから6年の歳月、
Img0758.jpg
そして、廃線から50余年の時の流れは、
Img0759.jpg

この廃墟に大きな変化をもたらしていました。
DSC_0994.jpg

思えば、あの時も、今日にしても、
DSC_0999_20160504151938996.jpg

この遺構の記録をするうえで、それぞれの節目のラストチャンスだったのかもしれないね。
DSC_0997_20160504151931392.jpg

これからもこの生き証人は、そう長くはない時間をかけて、
DSC_1000_2016050415193822a.jpg

かつての栄華と、
DSC_1005_20160504152917267.jpg

その誇りを、
DSC_1012_20160504164321b30.jpg

50幾層の落ち葉に溶かしながら、
DSC_1009_2016050415312864d.jpg

土になっていくんだろうか。
DSC_1025_20160504170234354.jpg


>ねえ、すこしまわりもみてみましょうよ!
DSC_1011_20160504153121f72.jpg

我に返って周りを見渡すと、
DSC_1006.jpg

写真では分かりづらいかもしれないが、後方の斜面から、「Z]の字を描くように、
駅舎の目の前まで軌道跡がスイッチバックしていたのを感じ取ることができます。
DSC_1007_201605041531137c0.jpg

ホーム跡に沿って引き込み線終端方向に歩いてみると、
DSC_1020_2016050416432876a.jpg

バニーときたときには草に埋もれて気づかなかった遺構をみつけました!
DSC_1018_20160504164333aaf.jpg
一説によるとトイレの基礎の跡ということらしいです。
DSC_1016_20160504164321326.jpg

>バニーさんのリベンジもかないましたね!
DSC_1029_20160504170509d21.jpg


さてここで、今までの一連の遺構を動画でお見せしましょう。
DSC_4226_20160504170514055.jpg
往時の駅構内の写真と比較しながら、どうぞ。



さてこのあとは、やはりバニーとは見ていない、この駅の北軽井沢側(栗平側)の軌道跡を確認することにしました。
DSC_1030_20160504170517229.jpg

しばらく進むと熊笹の道になり、
DSC_0010.jpg

聞いていた通り、昨夏グレといった橋台跡にあとすこしというところで、大土砂崩れで通行不能となりました。
あっという間に下に降りてるグレを呼び戻して引き返します。
DSC_0013_20160504171132ccf.jpg


さあ、帰ろうか、いい探検ができたね!
DSC_0017_20160504171705166.jpg

おっと!帰りは写真右の軌道跡を上がっていかなきゃ、、そっちはちがうよ。
DSC_0019_20160504171548708.jpg

>まだかえりません!このさきにはパラダイスがあるはずです!そっちによっていきたいです!
DSC_0018_201605041716046bd.jpg
え~グレース!?なんでそんなことがわかるの~?




>>フォースですよっ!
Img0767.jpg
MAY THE FORCE BE WITH YOU ・・・(from Bunny on MAY 4th)

(つづく)

にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 お出かけ・お散歩へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へ

 
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.