Bunny The Flat
フラットコーテッドレトリバーのグレースとウェルシュコーギーペンブロークのミルクのDog Life
201605<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201607
遥かなる入道沢鉱山 【2/3】索道積み込み所跡
草津の入道沢鉱山跡につきました!さあ本番ですよ!
DSC_0383_201606232325095a4.jpg

索道のワイヤーの一方は架空状態を保ち、一方は無残に千切れて落ちています!
DSC_0392_20160630104510b3f.jpg

石に足を取られながらも這い上がるように登っていきます!
DSC_0394.jpg

ゴロ石の一部は人工の擁壁の一部が崩れたものだったようです!
DSC_0397_20160630105159a97.jpg

振りかえると、墜ちたワイヤーと、いまだ張られたままのワイヤーの対比が見られ、
DSC_0401_20160630105742519.jpg

張られた方を追っかけると鉄塔群にいきつきます!
DSC_0398.jpg

DSC_0410_20160630111655dba.jpg

擁壁の上は崩壊した建材の瓦礫の川になっていました!
DSC_0402_20160630105758eef.jpg

積み込み所の横に事務所みたいなのがあったんでしょう。
DSC_0406_20160630105759f49.jpg

索道関連のものなのか、よくわかりませんが、武骨な鉄塊がいいオーラを醸しています!
DSC_0403_20160630105803e7f.jpg

>くんくん、かすかにヤマのおとこのにおいがします。
DSC_0418_201606301111113d7.jpg

>!?
DSC_0417_20160630111053237.jpg


>くんくく、こんなのもありますね?
DSC_0421_2016063011111949d.jpg

これの丸まってる部分にあれが取り付けられてたんでしょうか?
DSC_0422_2016063011111233e.jpg

更にその傍らをよく見ると
DSC_0419_201606301111218db.jpg

なにかの施設跡。串刺しのままの金具たちが、何かを言いたがってるかのようです。
DSC_0409_20160630111658094.jpg


そして、ついに眼前に迫った積み込み所!
DSC_0414_20160630111655bc5.jpg

>はぁはぁ!ついにつきましたよ!
DSC_0423_20160630112558934.jpg

武骨な鉄塔は
DSC_0424_2016063011262055d.jpg
2対のワイヤーを放ちながら
DSC_0428.jpg
今まで私たちが登ってきた入道沢を見下ろしています!
DSC_0426_2016063011261367d.jpg

左下の沢筋が、はるか下の小山にぶつかって進路を右に変えてるとこ、あのあたりから私たちはやってきました!
DSC_0430.jpg


そしてこの鉄塔の背後で口を2つ開けて
DSC_0429_20160630112935d2e.jpg

ワイヤーを飲み込んでるのが、
DSC_0433_201606301129552d7.jpg

この詰込み施設の廃墟です!
DSC_0432_201606301129539ec.jpg

内部は木材がおびただしく崩壊していますが、
DSC_0435.jpg

コンクリートはしっかりしているので
DSC_0438_20160630114252384.jpg

>はいっちゃいましょう!
DSC_0436_20160630114247aff.jpg

>ひゃ~パパのつくえみたいにちらかってますねー!?
DSC_0440_20160630114252111.jpg

山から突き出ていたので後ろは坑道かと思ったら壁でした。
DSC_0441_2016063011425287a.jpg

足元に注意しながら奥へと進むと・・・
DSC_0446_20160630114814734.jpg

建物の中央部は4m×15mくらいの四角い穴になってて、おびただしい建材でフタがされた様になってますが、
DSC_0445_201606301148055ac.jpg

その下の暗闇からかなりの勢いで水の流れる音が聞こえてきます。地下坑道の入り口のようです!
DSC_0454_2016063011481964e.jpg

・・・とはいえ、
DSC_0481_20160630121555832.jpg

地階の床は光が届かない数m下。
DSC_0478_20160630121554aa1.jpg

さすがにこの地下に潜入するのはためらわれましたし、実際ムリでしょう
DSC_0452_201606301148213cf.jpg

ふりかえったとこです。
索道はここでリフトの終点みたいにUターンしてたんだろうと思います。
DSC_0450_201606301148226bc.jpg

ついさっきまで作業してたかのようにスパナが置かれています。
DSC_0528.jpg

木材にまじっていろいろな廃物が散らかっています。
DSC_0524_201606301202331b7.jpg

硫黄を満載したバケットはこれにぶら下がっていたんでしょう
DSC_0526_20160630120254dee.jpg

何十年もの間、人智の産物と大自然が戦ってきた結果がこれでしょう。
DSC_0458.jpg


>くんくん、なにやらレアもののにおいがしますよ・・・!?
DSC_0466_20160630121230516.jpg

>あーありましたよ!これこれっ!
DSC_0474_201606301212223bb.jpg

>よーし!どれどれ?オモくてとれないや!
DSCN6503.jpg

>こんなもん、かみくだいてやる!このっ、このっ!
DSCN6505.jpg

わー!それはだめだよ!爆発するよ!




と思ったら、箱だけで、中身は錆びた部品の山でした(笑)
DSC_0476_20160630121540ee9.jpg

>ふう~びっくりしました、そろそろソトのくうきがすいたくなりました~
DSC_0460.jpg

外は標高1500mの原風景・・・と思いきや、そこにも廃ワールドが!
DSC_0461_20160630120653f0b.jpg
(つづく)

にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 お出かけ・お散歩へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へ

 
スポンサーサイト
遥かなる入道沢鉱山 【1/3】リベンジ!沢登り!
草津温泉にやってきましたよ。
でも温泉は素通りして、天狗山スキー場ちかくの芳ヶ平遊歩道に入りますよ!
DSCN6424.jpg

気温は16℃、すがすがしい新緑の遊歩道です!
きょうの目的は、この遊歩道に並走している矢沢川を遡り詰めること!つまり・・・
DSCN6426_201606232128229da.jpg



去年のGWの探検のリトライになります!
DSC_0270_20160623213407445.jpg

それはそれは美しい雪渓でした。
DSC_0250_20160623213359180.jpg

見上げると探検の水先案内人、入道沢鉱山の索道跡も迎えてくれていました。
DSC_0257_20160623213412ae3.jpg

でもね・・・
DSC_0282_201606232134094bb.jpg

進むにつれて深さを増すクレバス。
DSC_0537_20160623214611604.jpg

単独行ゆえ、安全を考えて、このときは退却を決断しました。ごく理性的に。
DSC_0292_20160623214523143.jpg



・・・ということにしてたわけですが、、
ほんとうはもっと大事なことを隠していました。 
あのとき、正直言うと、クレバスなんて怖いと思ってなかったんです。
ところがね、そんな私たちに、
DSC_0276_20160623213411185.jpg


大自然は明らかな警告を発してきました。
DSC_0312_20160623214536377.jpg

ハーフパイプを滑走するスノーボーダーのように私たちの目の前に駆け下りてきた使者は、
「今日はもうこれ以上近づくな」
そうはっきりと私たちにメッセージを伝えてきたのでした・・・
DSC_0301_20160623214537adb.jpg



あれから一年、遅い雪融け後、新緑のこの季節を待って、ふたたびここにやってきました。
DSCN6428.jpg

常布の滝に今日の探検の無事を祈って、
DSCN6430.jpg


>ニュウドウザワこうざんタンケン、シーズン2、はじまりでーす!
DSC_0381_20160623221425a08.jpg


常布の滝を背に、遊歩道から自己責任の道へと入ります。
DSCN6433_201606232219397d4.jpg

去年の探検より一月遅れるだけで、熊笹の背丈がずいぶん違いますが、
一度通っているというのは大きいです。
DSCN6435_20160623221959897.jpg

道を見失うことなく矢沢川に降りました!
DSCN6437_2016062322195421d.jpg

水量は少な目、快適な遡行ができそうです!
DSCN6439_2016062322195034e.jpg

例によって赤い沢との分岐に出ました。赤い右が矢沢川の上流で、左が目的の入道沢です!
DSCN6443.jpg

>おみずはスッパくてまずいです!ペットボトルのおみずをください!
DSCN6445_20160623223031cf4.jpg

鉱水が混じってるのでここの沢水は飲めません。きれいなんだけどね。
DSCN6446_20160623223024348.jpg

巨岩と小滝を乗り越えながら、シャワークライム開始です!
DSCN6450.jpg

新緑がほんときれいです
DSCN6454.jpg


>あっ、あそこにアレがみえてますよ!?
DSCN6456.jpg

沢の右岸には早くも索道跡が姿を見せました!
DSCN6461_20160623223741e47.jpg

この上流にある入道沢鉱山は古くは白嶺鉱山と呼ばれ、白根硫黄鉱山などと並ぶ有数の硫黄鉱山でした。
DSCN6468.jpg

索道で天狗山スキー場方面に運ばれた硫黄は、トラックで更に運ばれて、
DSCN6463_20160623224227965.jpg

白根や石津、万座鉱山の硫黄とともに草軽電鉄の貨車に載せられて全国に出荷されたそうです。
DSCN6467.jpg

しかし硫黄の化学的生産法が確立した昭和中期に、他の鉱山同様、閉山を余儀なくされたそうです。
DSCN6464.jpg

はたして、上流にはどんな形で鉱山跡が残っているのでしょうか?
DSCN6465.jpg

そんなことを考えながらも、頭上には絶えず注意しながら進みます。
DSCN6469.jpg

徐々に荒涼とした高山の風景になってきました!
DSCN6470.jpg

はるかかなたに目的地が見えてきました!
DSCN6472_2016062322594116e.jpg

鉱石の積み込み所跡です!
DSCN6486.jpg

>ああわくわくしますねえ!
DSCN6473.jpg

はりきって小滝をクリアしながら登っていきます!
DSCN6475.jpg

DSCN6477.jpg

水が飲めないのが残念ですが、ほんときれいな沢。疲れるけど楽しいシャワークライムです!
DSCN6481.jpg

いちばん楽しいこのあたりで、
DSCN6483.jpg

写真の右のへんから湧き水が垂れてるのを見つけました!ごくごく飲んでボトルにも補給しときます!
DSCN6484.jpg

DSCN6487.jpg

>そしてついにっ!はぁはぁ!
DSCN6492.jpg

鉱山跡の威容がはっきりと見えるとこまでやってきました!
DSCN6488.jpg

スタートから3時間、
DSCN6499.jpg

はるかなる道のりを経て、
DSCN6495.jpg

ついに本丸にいどむときが来ました!
DSC_0386_20160623232515f8e.jpg

入道沢硫黄鉱山、
DSC_0387_2016062323251950f.jpg

>タンケンかいしっ!
DSC_0399_20160623232830413.jpg

(つづく)

にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 お出かけ・お散歩へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へ

 
ミルクも登った!お手軽絶景 桟敷山 1931m
R94東御嬬恋線の鹿沢温泉と地蔵峠の間のへんにきましたよ。
DSC_0199_20160616092642934.jpg

きょうはミルクも一緒です!
DSC_0200.jpg

さあ!いまからあのお山のてっぺんを目指しますよ!
DSC_0201_20160616092650219.jpg

>ミルクさん、おやまのいりぐちはここですよ!
DSC_0211_20160616092947136.jpg

ミ>きょうは、あんたがなんどもヤマノボリはきもちいいっていうもんだから、つきあってあげることにしたのよ!
DSC_0205_201606160929413ac.jpg

いいお天気、シラカバがきれいです!
DSC_0214_201606160929545e8.jpg
桟敷山山頂へは1時間ちょっとでいけそうです。隣の小桟敷山は眺望が望めないとのことなので、
今回はパスして帰ってくる予定です。
DSC_0206_20160616092955e32.jpg

GWのこのあたりはまだ早春の景色です。
DSC_0215_20160616094001425.jpg

ミ>たったった!きもちいいです!
DSC_0218.jpg

なだらかで歩きやすい登山道です
DSC_0220_20160616094007ed8.jpg

気温は低くても日差しをさえぎる葉っぱがないのでお水は十分に持ってきています。
DSC_0221.jpg

>はあはあ、くんくん、ここはヒダリね!
DSC_0223_20160616094014c5e.jpg

>たったた!おそらがひろくてきもちいいですよー!
DSC_0224_2016061609490457c.jpg

ミ>わたしはホハバがあんたのハンブンなんだから、ちょっとまってよー
DSC_0229_20160616094931484.jpg

>はいはい、わたしもコーフンしてハヤくのぼりすぎちゃいました、はあはあ!
DSC_0232_2016061609492490f.jpg

ミ>はあふう!そいでもわたしはママよりもはやいんだもんね~
DSC_0227_201606160949327dd.jpg

お水を飲んで一休みして、またがんばりましょう
DSC_0233.jpg


>ミルクさん、だいじょうぶ~?
DSC_0236_201606160958562e5.jpg

ミ>なんのなんの。
DSC_0238_201606160958578f3.jpg

ミ>ペースがわかってきたわ!
DSC_0240_201606160958480fb.jpg


グレは小走りに先に行っては、
DSC_0241.jpg

得意げにみんなが追いつくのを待っています!
DSC_0244.jpg


こんな感じをくりかえしてたら、
DSC_0252_2016061610060864c.jpg

いつのまにかだいぶ登って来てて、
DSC_0262_2016061610132072b.jpg

木々に下界が透けて見えるようになってきました!
DSC_0246.jpg

>ねえ!?きもちいいでしょう?
DSC_0259_20160616101330ad9.jpg

>>あともうひといきですよ!がんばりましょう!
DSC_0254_20160616100617127.jpg

もう一息登って、
DSC_0266_2016061610195255e.jpg

空が近くなってきたなーと感じたら
DSC_0271.jpg

開けた平らな場所に出ました!
DSC_0275.jpg

DSC_0273.jpg

小桟敷山との分岐です!
DSC_0279_201606161022466cb.jpg

>くんくく、ヒダリのこっちがモクテキチですね!ラストスパートです!
DSC_0280_20160616102247ede.jpg

>おおー、、すごいながめですよー!
DSC_0286_20160616103000e5b.jpg


慌ててグレを追いかけてくと、いきなり絶景が飛び込んできました!
DSC_0288_20160616102953163.jpg

>はぁはぁ!ついにっ!
DSC_0304.jpg


桟敷山1931m、登頂しました!
DSC_0292_201606161030011e8.jpg

ミ>やあ!きもちいいですねえ!
DSC_0295_20160616102955a9a.jpg

DSC_0317_20160616104647587.jpg

左にそびえるのは四阿山
DSC_0296.jpg
右には嬬恋のキャベツ地帯と田代湖。ずっとむこうは谷川連峰だそうです。
DSC_0297_20160616103538a08.jpg

>ぜっけいでーす!
DSC_0314_20160616104319d2d.jpg


>こんだけじゃないですよ!いまきたミチをふりかえってみてください!
DSC_0313_20160616104317354.jpg

>あさまやまです!
DSC_0321_20160616104712993.jpg

>がんばってのぼってるときはキヅかなかったよねー
DSC_0318_201606161047134c5.jpg

軽井沢から見る浅間とはちょっと違う形に見えるね!
DSC_0330.jpg


景色を堪能しながら
DSC_0336.jpg

DSC_0343_2016061610574038e.jpg

しばし休憩してたら
DSC_0338_20160616105121428.jpg


>さあ!そろそろもうひとつのモクテキチにいきますよ!
DSC_0319.jpg

ああ、、あの地図にあった展望台?ね。ここよりいい眺めなのかねー?
DSC_0341.jpg
>まあいくだけいってみましょう!
DSC_0342_20160616105736707.jpg

といいつつ下山し、
DSC_0344.jpg

分岐を小桟敷山の方に進むと、
DSC_0349_2016061611021986c.jpg

展望台っていうのは崖に突き出たこの岩でした!
DSC_0360.jpg

>ふむふむ、よいしょっと!
DSC_0357_20160616110219d6d.jpg

>ふうむ、これはまたちがったながめですねえ!
DSC_0355_201606161102206ad.jpg

地蔵峠方面が見渡せます!
DSC_0359_20160616110334120.jpg

>てことはあっちがわは、まえにわたしがのぼったユノマルヤマですね!?
1461998688004.jpg

スリル満点!「もうひとつの絶景」堪能しました。
DSC_4214_2016061611074301f.jpg


>あれ?、ママとミルクさんがいませんよ?
DSC_4199_20160616110735a34.jpg

じつはこの岩に登る登らないでちょっとした口論になっちゃってねー、ママとミルク先にいっちゃったんだよ~

>じゃあこじれないうちにハヤくおいかけましょう!べつにイホウでもフテキセツでもなかったとおもうんですけどねぇ!?
DSC_0368.jpg

早めの謝罪で不信任案は出ずに済んだ、GWの桟敷山の登山でした!
DSC_0375_20160616111738e9b.jpg

にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 お出かけ・お散歩へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へ

 
ミルク8歳になりました!
今日はミルクの8歳の誕生日でした!
_20160609_212205.jpg

例によってビーフステーキと、今回は手作りチキンナゲットを作って添えてみました。
「8」に一応なってるんですけどね(笑)

>むしゃむしゃ!おいしいです!
DSCN6421.jpg


はいはい、グレにもちゃんとあるよ!
DSCN6415_201606092243367a4.jpg


7歳にして泳げるようになったミルク、8歳の今夏もがんばりますよ~
DSCN6320.jpg


>>これからもよろしくおねがいします!!
DSCN6419_2016060922433858a.jpg

にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へ

  
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.