Bunny The Flat
フラットコーテッドレトリバーのグレースとウェルシュコーギーペンブロークのミルクのDog Life
201612<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201702
特攻機・桜花四三乙 三芳村下滝田基地跡
大房岬での探検を終えたグレが、山の向うに何かあるというので三芳村に向かいましたよ。
DSC_0169.jpg

グレがここだというので、山あいのちいさな寺院を訪れました。
DSCN9680.jpg

>くんくん!あそこからにおいをかんじます!いきましょう!
DSCN9682.jpg

>はあはあ!みっけましたよ!これです!
DSC_0213_20170122091829213.jpg

なんだこれ?ただの鉄くずにしか見えないけど?
DSC_0244_20170122091843a69.jpg

>くんくんくくんくんっ!しますします、センセキのニオイがっ!!
DSC_0250_201701220918459ec.jpg

>さあパパ!ぼうっとしてないで "知恩院 戦跡"でぐぐってみたらどうですか?
DSC_0245_201701220918381a0.jpg


おお!なんと!これがあの桜花43乙のカタパルトのレールなのかっ!!
DSC_0247_2017012209263758e.jpg

桜花43乙といえばかつてグレと、いすみ市の行川基地を探検しました!
DSC_0219_20170122092657fd3.jpg


桜花について簡単に説明しておくと、
終戦間際の特攻機として、当初11型、22型として開発され、母機に吊るされて敵に接近し、そこからロケット噴射で発射して
800kgの爆弾とともに敵艦隊に体当たりする方式で実戦配備されました。
oka2_201701220938290a6.jpg

しかし発射する前に母機が撃墜されてしまうため、また戦局厳しくなり本土決戦が予想されたため、
地上からのカタパルト発進型の43乙型が開発され、房総各所に基地が造られたのでした。
OUKA_20170122093358c35.jpg


あのときは格納壕とターンテーブル跡を確認できたけど、カタパルトは畑に埋まってて見れなかったね?
DSC_0221_201701220926537cf.jpg

これがその五式噴射装置のレールなんだ!!
DSC_0251_20170122095204f08.jpg

>そのとおり!
DSC_0217_201701220926483f0.jpg

これに桜花の発射台が据えられて、ターボジェットの桜花が発射されていく予定だったのか…
DSC_0237_20170122095619413.jpg


>・・・ということは、このレールがしかれていたカタパルトがどっかにあるはずです!さがしましょう!!
DSC_0256_201701220952096cb.jpg



>くんくんくんくんくん、、
DSCN9665.jpg

>くんくくくっ!?
DSCN9667.jpg

おお!山の中に突如畑がっ!そしてそんなかになんかあるぞっ!
DSCN9668.jpg

そばにいた人に一声かけて中を見せてもらうと、

>はあはあ!ついにカタパルトをみつけました!
DSCN9676.jpg

全長約50mくらいの、荒いコンクリート製のカタパルトです!
DSC_0190_20170122101016e30.jpg

中央には木が生えていて、廃物化してからの年月を物語っています!
DSC_0192_20170122101021c1b.jpg

>わたしもこのうえをカッソウしてみたいです!!
DSC_0194_2017012210101681d.jpg

>はあはあ、こういうものをしっかりコウセイにつたえなくてはいけませんね、


奥から台(滑走車)ごとレールに乗って発射された特攻機は
DSC_0177_2017012210234116f.jpg

ここで飛び立つようになっていました。
DSC_0173_20170122102331038.jpg

カタパルトエンドは細くなって下に折れた形をしています。
DSC_0175_20170122102347b70.jpg

手許の文献にある資料です。
DSC_1066.jpg
この図にある格納壕やターンテーブルですが、私有地であり、そのあたりは盛り土されて畑になっているので
見ることができませんでした。ただ地形的にはこの図の通りだなと思いました。
DSC_0183_20170122102615039.jpg

一基のカタパルトには5~10機の桜花43乙が配備される予定だったそうです。
DSC_0182_20170122102611d2d.jpg

予定だった、というのは・・・
DSC_0179_201701221023434d1.jpg

終戦により、この不幸な兵器が実戦投入されることはなかったということです。
DSC_0206_20170122103814308.jpg

いまは鄙びた山里で、このカタパルトだけが老いた語りべとして、静かに余生を送っています。
DSC_0184_20170122103800cce.jpg

南房総市三芳村の桜花43乙、下滝田特攻基地跡でした。
DSCN9677.jpg


さあ、グレお疲れさま! これでパパは海鮮丼を食べに行くとするよ!
DSC_0201_20170122105016a7e.jpg

>まってください!あのおやまのイワのさきっぽに、さっきヒトがたっていました!わたしもあそこにいきたいです!!
DSCN9610_01.jpg
ええ~っ!?

(つづく)

にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 お出かけ・お散歩へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へ

 
スポンサーサイト
大房岬要塞 【後編】 新春特大号
南房総の大房岬に展開する東京湾要塞跡を探検しています!
DSC_0242_201701080903381a3.jpg


海岸に出ると、浅瀬になんかへんなのが見え隠れしています!
DSC_0037_01.jpg

いちはやく察したグレは勢いよく海岸に降りていきました!
DSC_0035_01.jpg

>くんくん!しおかぜにまじってなんかにおってきます!
DSCN9197.jpg

>くんくく!なんかのトオリミチみたいなのがありますよね?あそこからトッコウけいのにおいをかんじます!
DSCN9196_20170108090637d9a.jpg

>さっそくわたしがオヨいでシラべてきますね!
DSCN9200.jpg

>さあ!ボールなげてくださーい!
DSC_0032_20170108091146d99.jpg


>これは!ふむふむ!なるほど~!



この水中に走る2本の導管のようなもの、
DSC_0038_2017010809220124b.jpg

これは魚雷発射設備の跡でした!
DSC_0040_01.jpg

つまり、人間魚雷・回天の発射基地です。
DSC_0041_20170108092214cfa.jpg

かつてバニーと探検した魚雷発射試験場で開発訓練された特攻兵器が、実践されようとしたのがここ大房だったのです。
DSCN1936.jpg

そして・・・
DSC_0045_2017010809222062e.jpg

浜辺の岸壁には、その格納壕が!
ひとつはいままで何度も見てきた震洋壕と似た素掘りの壕。
DSC_0325_20170108094031552.jpg

>くんくんくくくっ!もうひとつ、これもアヤしいです!
DSC_0326.jpg

こちらはただの海食洞かな?と思ったら、
DSC_0335.jpg

何か書いてある!戦跡に興味を持つきっかけとなった手石基地を思い出しました!
DSC_0327_20170108094043109.jpg
中央の、第二期 弐号 は読めますが両脇はよくわかりません。
DSC_0351_2017010809475406d.jpg

さらに!反対側には意味不明のアルファベットが!?
DSC_0336_20170108094053e67.jpg

進駐軍によるものという記述も渉猟した資料の中にはありましたが、、、
DSC_0339_20170108095217c19.jpg

>まったくもってイミフメイです!
DSC_0344_20170108095230761.jpg

DSC_0352_20170108100238f48.jpg

・・・というわけで、
DSCN9206.jpg

>こっちにハイってみましょうか、くんくん。
DSC_0353.jpg

震洋壕よりも海龍壕に近い、まっすぐな壕です!
DSC_0002_20170108100710f77.jpg

ホワイトバランスを変えました
DSC_0008_20170108100729537.jpg

長さは30m強あります!
DSC_0010_201701081011059d8.jpg

ここでおわりかな?とおもったとこで、
DSC_0012_201701081011101e3.jpg

左45°に曲がって5mくらい続いてて、断端には段がありました。
DSC_0017_20170108101114bea.jpg

DSC_0021_01.jpg

>タンケンおわりっ!じゃあボールなげてください!
DSC_0582.jpg

じゃあ行くよー!
DSC_0030_01.jpg

>はあはあ!まってました!
DSCN9207.jpg

>いえ~い!


補足しておくと、ここ大房からは回天の出撃はないまま終戦を迎えたそうです。
DSC_0024_01.jpg

良かったね、さあ帰ろうか。
DSC_0007_20170108103812f4c.jpg

>いいえ!あのガンペキのむこうからもなにかニオってくるんです!いきましょう!
DSC_0005_2017010810380533a.jpg

ええーっ!?こりゃほんとに特大号だねえ(笑)


・・・というわけで、岸壁の向う側にある多田良西浜にワープしました!
DSCN9611_20170108104528f31.jpg

>くんくんはあはあ!カヤクのにおいがするのはあっちです!
DSCN9615_2017010810453285c.jpg

>あーありました、あれですあれ!
DSCN9616_20170108104542ec5.jpg

なんだこれ?ただの防波堤じゃないの?
DSCN9618_20170108104544d7f.jpg

>そんなら、ググってみてくださいよー!
DSCN9619_20170108104548d32.jpg

ほんとだ!これは多田良西浜射撃場跡といって、
DSCN9620.jpg
昭和10年代に陸軍によって退役軍人が現役復帰するための射撃訓練施設として作られたものらしいね!
DSCN9621.jpg

>ほーらね!
DSC_0163_20170108105856c34.jpg

端に回ると、
DSC_0159_20170108105848557.jpg

壊れた同様の施設の一部があります!
DSCN9628.jpg
これは目も粗く、古そうです。
DSC_0160_201701081058514de.jpg

さらに、裏を見ると、スカスカになってて、
DSCN9623.jpg

やはりこれが単なる防波堤ではなかったことがわかります!
DSCN9627.jpg

>イワバにそってあっちにいくとまだなんかありそうです!
DSCN9634.jpg

と言うのでついていくと、
DSCN9630.jpg

幅広の壕を見つけました!
DSC_0115_20170108110959300.jpg

さっそく進入します!
DSC_0112_201701081109439a2.jpg

奥行き20mくらいの幅広の壕です!
DSC_0120_20170108111209166.jpg

その時代のものに間違いなさそうですが、震洋や回天の壕ではなさそうです。
DSC_0127_20170108111215f22.jpg

爆薬を積んだ特攻艇のすぐそばでドンパチ射撃練習するわけないでしょうから。
DSC_0142_20170108111522046.jpg

>でもマイナーなイセキがみれてよかったですね?
DSC_0131.jpg

>このあとはごほうびにいっぱいあそんでくださいよ!
DSC_0149_2017010811152649f.jpg


・・・というわけで、
DSCN9663.jpg

館山のリゾートを遠目に見ながら、
DSCN9645.jpg
たっぷりここで泳ぎました!
DSCN9657.jpg

>ふう~
DSCN9662.jpg

長い探検だったね!お疲れ様!さあ海鮮丼でも食べて帰ろうかな?
DSCN9649.jpg

>パパなにいってんですか!トクダイゴウですよっ!
DSC_0165_20170108112739505.jpg

>こんどはナイリクのほうから、ちがうトッコウのにおいがながれてきましたよ!
DSC_0167_20170108112745344.jpg

>カイセンドンはそれをしらべてからにしてくださいね!
DSCN9650.jpg

つづく

にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 お出かけ・お散歩へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へ

 
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.