Bunny The Flat
フラットコーテッドレトリバーのグレースとウェルシュコーギーペンブロークのミルクのDog Life
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
田浦で海軍倉庫と廃線めぐり その1
横須賀線の田浦駅にきましたよ。
今の時期といえば田浦の梅林ですが、反対の出口に来ちゃいましたねえ。
DSCN6947.jpg
跨線橋から線路を見ると、トンネルとトンネルの間にできた駅であることがわかりますね。
DSCN6951.jpg
あれ、反対の横須賀側は線路が増えてトンネルが3つになってますね。
DSCN6957.jpg
左の線路は今では本線から離されて錆びついていますね。廃線のようです。でも廃線のトンネルが一番大きいですね。
DSCN6955.jpg
実はこの田浦駅の海側の長浦港一帯は、戦前から海軍工廠になっていて、
横須賀線からは、軍用線が分岐して海軍軍需部長浦倉庫にはりめぐらされていました。
きょうは、梅林じゃなくて、その名残を探検に行くよ。
>わかりました!
DSCN6958.jpg

さっそく信号を渡ると、現在は民間に払い下げられている元海軍倉庫群の地図がありますね。
DSCN6961.jpg
看板には数字とアルファベットのふられた倉庫群と、1998年まで米軍の燃料輸送のために残ってた最後の線路が書いてあります。
そこにかつて張り巡らされていた実際の線路配置をピンクで書き足してみました。
DSCN6959r.jpg
それではこの「現在地」から、近い順に廃線跡とレトロな海軍倉庫を追っていきましょう。


さっそく目の前に7号倉庫があります。
DSC_6745.jpg

これはかつて第一水雷庫だったそうです。
DSC_6746.jpg

いまは民間の低温倉庫になっていますね。奥に駅の跨線橋が見えます
DSC_6829.jpg
7号を超えてくと線路が出てきました。かつてはここは踏切だったんでしょう。
DSC_6830.jpg


線路を渡ったとこの倉庫群を右から順にみていきましょう。
DSC_6753.jpg

K号倉庫です。
DSC_6766.jpg

これはかつての光学兵器庫です。
DSC_6750.jpg

こじんまりとした小さな倉庫ですね。
DSC_6754.jpg

現在は使われていない感じです。
DSC_6757.jpg

上にある小窓がしゃれています。
DSC_6758.jpg

側面は窓が塞がれてるのか?なんかアートっぽく見えます
DSC_6751.jpg

じゃあ、次に行きましょう。
DSC_6769.jpg



つぎは、その隣のE号倉庫。
DSC_6759.jpg

かつての兵器修理工場。
DSC_6776.jpg

ギザギザ屋根が特徴ですね
DSC_6764.jpg

低温恒温倉庫と書いてありますが、これも今は使われてないようです。
DSC_6771.jpg

長らく使い手がないからか、青いフェンスで囲まれてしまっています。その前を廃線路が走っています。
DSC_6761.jpg


さらにお隣にあるのが、今回最も楽しみにしていたF号倉庫です。
DSC_6768.jpg

これがF号倉庫です
DSC_6774.jpg

かつての第三水雷庫。
DSC_6832.jpg

大正6年築、レンガ造りで上からモルタルが塗られてるそうです。
DSC_6831.jpg

下の方に少しレンガが見えています。
DSC_6777.jpg

>しぶいですねえ!
DSC_6793.jpg

青空に浮かぶようなF、レトロな格子窓。
DSC_6790.jpg

錆びた鉄格子
DSC_6789.jpg

鉄扉は長いこと固く閉じられているようです
DSC_6783.jpg

蔦が容赦なく広がっています。
DSC_6824.jpg

夏にはこの窓も緑で埋め尽くされてしまうのでしょう
DSC_6825.jpg

かつては水雷をためこんでいた不気味な倉庫も、今や穏やかに余生を過ごしているようでした。
DSC_6797.jpg

それじゃあまた線路に沿って奥に進んでいきましょう。
DSC_6795.jpg


F号倉庫を過ぎると廃線路は道路の左側に移ります。
DSC_6800.jpg
このへんはまだ専用軌道として埋もれずに残っています。
DSC_6805.jpg

軌道の向う側には最初に見た7号があって
DSC_6803.jpg
その奥のほうにレンガ造りの海上自衛隊艦船補給所食糧庫、かつての第二計器庫が見えます。
DSC_6810.jpg

そっちは立ち入り禁止なので線路の右側の倉庫を見ていきます。
DSC_6798.jpg

G号倉庫です。
DSC_6802.jpg

これはかつての第三電機庫だそうですが、
DSC_6801.jpg

外壁がリフォームされてるのか、新しっぽくてあまりカッコよくないですね、流しましょう(笑)
DSC_6822.jpg


その奥にあるのが、H号倉庫です。
DSC_6807.jpg

かつての、通信兼電気兵器庫。
DSC_6806.jpg

カタチはひとつ前のGに近いですが、外壁がこうなだけでムードが全然違います。
DSC_6813.jpg

DSC_6811.jpg

傍らには小さな木造の詰め所みたいなのが寄り添っています
DSC_6808.jpg


この先は海上自衛隊艦船補給所で、立ち入り禁止です。
DSC_6815.jpg

線路もここで終わり。
DSC_6814.jpg
途中から2線に分岐していました。
DSC_6816.jpg
車止めのところで記念撮影です。
DSC_6817.jpg


それではK号倉庫のとこに戻って、線路の反対方向に歩いていきましょう。
このへんの線路は徐々に埋もれたり除去されて道路が拡幅されていってるようです
DSC_6833.jpg

小さな川を渡ります。鉄橋が並走してたはずなんですが…
DSC_6834.jpg
撤去されて、岸に橋台の跡だけ残っています。
DSC_6835.jpg
元軌道敷だった舗道を進みます。
DSC_6837.jpg
砂利になったらまた線路が顔を出してきました。
この辺も順次工事中なんでしょうか?
もうちょっと先に全国的にも貴重なモノがあったはずなんですが・・・残っているでしょうか?(つづく)
DSC_6842.jpg

にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 お出かけ・お散歩へ

 
スポンサーサイト
コメント
コメント
おかしな話ですが、親戚さんとわかった途端
グレースちゃんが花子ととてもよく似ているような気がしてきました(笑)

最後の写真なんか特にねv-238

まさか電車でお出かけしたんじゃありませんよね~?
2014/03/16(日) 17:28:23 | URL | パトリシアよしえ #9voxXVmA [ 編集 ]
パトリシアよしえさん
こんばんは。
大人のレディの花子ちゃんとくらべたら、
グレはまだまだ子供の顔で、耳の毛などもまだ短いのですが、
やはり他のフラットちゃんと見比べても、花子ちゃんと新ちゃんにはなんか表情に共通点を感じていました。
このまま順調に成長して、花子ちゃんみたいなすっきり美人さんになってくれたらいいなと思います!

この日はもちろん車で行きました。空き地があるのでそこに停めて、あとは歩き回りました。
2014/03/16(日) 22:27:52 | URL | bunnytheflat #- [ 編集 ]
おぉ、まだ残っている建築物がたくさんあるのですね、感動です。。

現存している建造物は
ずいぶんと減ったように思います。
掩蔽壕など強固なものは
現在でも十分に使えますが
木造の建造物はというと・・・

建物が傾いてドアがしまらなくなったり
室内の天井が落ちてきたり(!)で
寄る年波には流石に抗えません。

そしてこれらを
現在も大事に使っているのが実は米軍で
自衛隊の建物のほとんど全部は
鉄筋の立派な新しい建物という皮肉。。

まぁ、予算の関係もあるのでしょうけども(苦笑


2014/03/17(月) 11:28:20 | URL | HSパパ #SFo5/nok [ 編集 ]
HSパパさん
こんばんは。
ここの貨物線のことは以前から知っていたのですが、
倉庫にはあまり興味なく、それが最近になって
身近な遺構ということで急に興味がわいてきました。
調べてみたら近年になって完全に廃線となり、
また線路も徐々に失われてきており、
いま記録しないと!という気持ちになりました。
倉庫に関してはいくつかは取り壊されて更地になっており、
今回紹介したうちのK,E,Fも使用されておらず、
いつ壊されてもおかしくないと感じました。
2014/03/18(火) 01:03:12 | URL | bunnytheflat #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.