Bunny The Flat
フラットコーテッドレトリバーのグレースとウェルシュコーギーペンブロークのミルクのDog Life
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
三浦アルプスの東京湾要塞地帯標【畠山~乳頭山】
横須賀と逗子にまたがる三浦アルプスと言われる山域にきています。
DSC_6990.jpg
畠山山頂から、こんどは乳頭山を目指して山歩きを再開しました。

乳頭山への山道はいきなりけっこう急斜面の下りから始まります。
DSC_7027.jpg

山道と言ってもこんな感じ、道を見失うことはありませんが、けっこう細いです。
DSC_7029.jpg

しばらく行くと、尾根道沿いに椿が並んで咲いているようになりました。
DSC_7031.jpg

かつて誰かが植えたのでしょうか?地面に花びらが落ちていてきれいです
DSC_7033.jpg

緊張感をほぐしてくれます。
DSC_7140.jpg

>なんかこころなごみますねえ!
DSC_7038.jpg

その後なんどかちょっと険しいところもありますが、難なくクリアして進んでいきます。
DSC_7036.jpg

花びらに沿って歩いていきます。
DSC_7043.jpg

春の木漏れ日が心地よいです
DSC_7045.jpg

突然、石碑みたいなものに出くわしました。
DSC_7047.jpg

>くんくんくーん、なんですかこれ?
DSC_7123.jpg

東京湾要塞第一区地帯標と書いてあります。
DSC_7072.jpg

かつては三浦半島一帯は海軍の要塞になっていました。
DSC_7054.jpg

さっき見てきた畠山や、この山道で通じている二子山や、田浦山にも高角砲台がありました。
DSC_7061.jpg

第一区というのは当時の要塞地帯法で規定された防御営造物による基線から1千m以内の区域のことだそうです。
これにより民間人の山への立ち入りを制限していたのでしょう。
DSC_7068.jpg

左横には第十三号と書いてあります。
DSC_7074.jpg
右横には昭和十六年七月三十日建設と刻まれています。
DSC_7075.jpg
裏側には海軍省と刻まれています。
DSC_7080.jpg

>いいものをみつけましたねえ!
DSC_7120.jpg

それでは乳頭山に向けてまた歩きましょう。
DSC_7057.jpg

もうそんなに遠くはないはずです。
DSC_7081.jpg

田浦山方面と乳頭山方面への分岐にきましたよ。
DSC_7083.jpg

>くんくん、おっとまたありましたよぉ!
DSC_7085.jpg

先ほどのものと同じようです。
DSC_7088.jpg

裏にはやはり海軍省の文字。
DSC_7093.jpg

さっきは十三でしたがこれは第十四号と刻まれています。いまでは梅林に向かうハイカーの道しるべになっています。
DSC_7095.jpg

梅林も行きたいですが、今日は反対側の坂を上って乳頭山に行きます。
DSC_7098.jpg

この坂の上を右に曲がったら、もう乳頭山の山頂でした。
DSC_7101.jpg

これが山頂点ですね
DSC_7115.jpg

>すばらしい眺めですねえ!
DSC_7110.jpg

こないだ倉庫を見て歩いた長浦湾から東京湾までを一望できます。
DSC_7109.jpg

がんばって歩いたかいがありました!
DSC_7107.jpg

実はここは3方向からの尾根道が集まっているので、ハイカーでこんなに賑わっていました。
グレースはみんなからほめられましたよ!
DSC_7116.jpg

さあ、帰りはまた来た道を戻ります。
DSC_7135.jpg

>くんくんっくくんくんっ!
DSC_7126.jpg

来るときには木の陰になってて見落としてた第十二号を帰り道で見つけました!
DSC_7130.jpg

これでコンプリートできたようです。
DSC_7128.jpg

>2つのお山ものぼったし、探し物もぜんぶみつけられて大満足です!
DSC_7137.jpg

>はぁちょっと一休み、今日はよく歩きましたねえ!
DSC_7139.jpg

>山歩きあり探検ありで楽しかったです!
あったかくなってきたので、そろそろ次から川歩きもはじめましょうかねぇ!?
DSC_7141.jpg
三浦アルプス、畠山~乳頭山でした。

にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 お出かけ・お散歩へ

スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.