Bunny The Flat
フラットコーテッドレトリバーのグレースとウェルシュコーギーペンブロークのミルクのDog Life
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
峠の秘瀑! 碓氷の七ツ滝 【後編】
碓氷湖から碓氷川を遡って、秘瀑・七ツ滝にきています!
DSC_3578.jpg

天然のウォータースライダーをのぼってたっぷり遊びましょう!
DSC_3567.jpg

>ああきぶんがいいです!
DSC_3568.jpg

DSC_3545_20141109095344897.jpg

あっちいったり
DSC_3569.jpg

こっちいったり、
DSC_3587.jpg

秘境の滝を
DSC_3585.jpg

>ひとりじめです!
DSC_3586.jpg

>ひゃっほうぅ~!
DSC_3590.jpg

木漏れ日の下でたっぷりあそんで
DSC_3591.jpg

清流でのどをうるおしたら、
DSC_3608.jpg

この滝の先に進みましょう!
DSC_3594.jpg

てっぺんまでのぼりました!
DSC_3616.jpg


上から周囲を見回すと、ああ~パラダイスだねえ~!



足元を薄く広い川の流れが一気に下っていきます。美しい光景でした。
DSC_3619.jpg

滝上は40mくらい平坦な川原で、ちょっと石樋を思い出しました。
DSC_3612.jpg

>ここもほんときもちいいところで、先にすすむのがもったいないです!
DSC_3625.jpg

>でもまだこのサキにもタキがありそうですね?いまのとこで4ツか5ツぶんってかんじですもんね!
DSC_3630.jpg

七ツ滝というのは今登った段瀑だけではなくて、この先までを含めた総称のようです。
DSC_3637.jpg

どれを滝とカウントするか微妙なかんじですが、
DSC_3646.jpg

いくつかの段差ののちに、2mくらいの小滝がありました。滝より滝壺のほうが大きい感じです(笑)
DSC_3639.jpg

>ここでもちょっとあそんでいきます
DSC_3649.jpg

ざぶーん!
DSC_3657.jpg

ザザーッ!
1415266379iv_zAU5bnKrpp0F1415266375.gif

>ふぅ!
DSC_3671.jpg

>タキツボにおちばがクルクルまわっててきれいです!
DSC_3676.jpg

DSC_3674.jpg

よし!じゃまた先にすすみましょう!
DSC_3654.jpg

この先も小っちゃなナメ滝がつづいています
DSC_3678.jpg

下流方向を見下ろすと、緩やかにだんだんに下ってるのがわかりますね。
DSC_3681.jpg

ほんと美しい場所です
DSC_3683.jpg

落ち葉を踏み、沢を渡りながら、
DSC_3688.jpg

だいぶ登ってきたなあ、というあたりで、
DSC_3692.jpg

この日最後の滝に出合いました。
DSC_3698.jpg

これを七ツ滝のF7としていいでしょう。落差は4m位、滝壺は今までで最も広く深いです。
DSC_3704.jpg

ざぶーん!
DSC_3702.jpg

>ああきもちいい、さいごのがいちばんおよぎやすいですね!


今年最後のお山の滝を
DSC_3719.jpg
たっぷり満喫したグレースでした。
DSC_3726.jpg

さてこのあとは、この深い淵を超えるのが困難なので、あたりをみまわすと、
DSC_3710.jpg
10mほど戻ったところに、上に登っていく遊歩道跡を見つけました。
すぐに藪漕ぎになりますが、頑張って掻き分けて登っていくと・・・
DSC_3732.jpg


ドンピシャでここに出ました!
DSC_3735.jpg

碓氷第三橋梁、通称めがね橋です!
DSC_3740.jpg

旧国鉄信越本線、1893年竣工の歴史ある鉄道橋で、
DSC_3739.jpg

現存する煉瓦橋としては国内最大規模のものとして、重要文化財に指定されています。
DSC_3742.jpg

この橋を含む信越本線旧線は、ED42アプト式から新線でのEF63粘着運転に切り替わる1963年まで使用されました。
DSC_3743.jpg

アプト式というのはレールの間にラックレールという第三のレールがあって、
専用の機関車でそれに歯車のように引っかかりながら急こう配を上り下りする方式です。
現在この旧線は、当時のその技術をもじってアプトの道と名付けられています。
DSC_3744.jpg

現在アプトの道は、峠の起点の横川からこのめがね橋を介し、さらに1.3km先の旧熊ノ平信号場跡まで完成しています。
DSC_3745.jpg

旧線軌道跡に出ました。
DSC_3746.jpg

ここからめがね橋を渡って、碓氷湖まで戻ります!
DSC_3748.jpg

下界に、いままで遡行してた碓氷川が見えますね。
橋の横から突き出てるギザギザしたのは、まさにラックレールで、ケーブルの支柱としても流用されてたようです。
DSC_3750.jpg

>くんくん、あっちにもハイセンがあるようですが?
DSC_3754.jpg

向うに見えるのは信越本線の新線、といっても新幹線開業によりあっちも1997年10月に廃線になっちゃったんだ。
新線では重いEF63型機関車の重連を使った粘着運転で、パパの知ってる横軽とは、あれのことなんだ、懐かしいな。
DSC_3755.jpg

と、遠い目をしながら、アプトの道を歩きましょう!
DSC_3756.jpg

かつてはSLも通っていた古いトンネルに入ります
DSC_3763.jpg

中はひんやりとして川にいた時以上に涼しいです。
DSC_3766.jpg

さっきは滝また滝でしたが、こんどは一つトンネルを抜けるとまたトンネルって感じです。
DSC_3777.jpg

煉瓦の壁に、歴史が刻まれていますね
DSC_3785.jpg

かつて高速も新幹線もなかったころ、軽井沢は行くのも帰るのも大変なところでした。
DSC_3792.jpg
それゆえ当時の軽井沢には、人を簡単に寄せ付けない凛然とした空気を感じたものでした・・・
DSC_3794.jpg
そんな昭和の記憶を思い出しながら、
DSC_3793.jpg
廃線路を歩いていきます。
DSC_3795.jpg

DSC_3800.jpg

脇のしっかりした石積みに、本線の軌道敷であった名残を感じます。
DSC_3801.jpg

碓氷湖が見えてきました。
DSC_3797.jpg

>くんくん、ここをみぎですね!
DSC_3806.jpg

ふう!出発点に帰ってきました!
ちなみに、アプトの道の残り、横川~碓氷湖の区間は黒わんこのお散歩にはあまりお勧めいたしません。
DSC_3808.jpg

このあとはクルマで峠の起点、横川に行って、懐かしい駅弁を買いましたよ。峠の釜めしです!
ちなみにこの側溝の蓋はラックレールを繋ぎ合わせたものです。
DSC_3812.jpg

さて、どこで食べようかな?
とクルマを走らせてたら、峠の上、軽井沢まで帰ってきちゃいました。
DSC_3818.jpg

そこには、廃線になって17年間、荒れ果てたままの信越本線が残っていました。奥にあるのが新幹線です。
DSC_3819.jpg

ここで食べよっか?
DSC_3822.jpg

懐かしい味が口の中に広がると、鉄道少年だったあのころここで眺めた風景・・・
ef63-01.jpg
峠のシェルパに押されてやっと辿りついた、あの秘境・軽井沢の記憶が・・・
ef63kar-09.jpg
ロクサンのブロワ音とともに蘇ってきました。
karuizw-13.jpg


時の狭間にとり残された峠の秘境、碓氷の七ツ滝でした。
PhotoGrid_1414797127273.jpg


にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 お出かけ・お散歩へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へ

 
スポンサーサイト
コメント
コメント
こんにちは。

コメントありがとうございます。

こんなに綺麗な場所があるのですね。

ホントの秘境。

撮影は、危険ではないのですか?

私は、カメラを持っていると普通の道でも

歩きずらいと感じているので。


また伺いま~す。
http://mini0129.blog.fc2.com/

応援♪
2014/11/10(月) 08:22:02 | URL | ミニーママ #- [ 編集 ]
ミニーママさん
こんばんは!

ここは観光地ではない、川を歩いてじゃないといかれない、秘境の滝です。
ただし、川歩きとしては難易度は低く、
増水時でなければ特に問題はないと思います。
撮影に関しても、危険ということはありませんが、すべって転ばないように注意は必要でした(笑)
コメントありがとうございました。
2014/11/11(火) 23:14:26 | URL | bunnytheflat #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.