Bunny The Flat
フラットコーテッドレトリバーのグレースとウェルシュコーギーペンブロークのミルクのDog Life
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小網代 震洋特攻艇基地跡 【後編】
三浦市の小網代湾にある、かつての震洋特攻艇基地を探検しています。
DSC_3979.jpg

最も海側に位置する1号震洋壕から探索を開始します!
DSC_4004.jpg

驚いたことに、内部はこれまで見た震洋壕とは違い、奥行きが30mほどもあり、かつ左に分れ道ができています!
DSC_3984.jpg

グレースはわれ先にと奥まで行ったかと思うと
DSC_3985.jpg

すぐ戻ってきました!
DSC_3986.jpg

>たいへんです!おくもひだりにまがってミチがつづいてます!
DSC_3987.jpg

まず手前の左に行く通路を見ます
DSC_3988.jpg

なんと、隣りの2号壕、さらにその先の3号へと交通しているようです!
DSC_3989.jpg
実際はほんとに真っ暗で、ストロボで目くら撮りしています。
肉眼では真っ暗闇のなかに2号よりむこうの3号のわずかな光が遠くに見えてる感じです。
DSC_3993.jpg

最奥部はゴミや瓦礫がたまっています。
DSC_3995.jpg

グレースが足をけがするといけないので、奥は同様の構造を確認するだけにとどめました。
DSC_3991.jpg

外に出て、2号に移りましょう!
DSC_3990.jpg

床が赤く塗られた跡がありますね。
DSC_3999.jpg

いったん脱出して左の2号に向かいましょう。
DSC_3978.jpg

DSC_4002.jpg
1~2号間のみ、ちょっと海に入って渡ります。
DSC_4006.jpg
>ぶるるっ!
DSC_4008.jpg

これが2号壕です。
DSC_4010.jpg

やはり、床が赤いです。
DSC_4011.jpg

>くんくん、フネのしたのほうのトリョウでしょうかねえ?
DSC_4018.jpg

そしてこの2号壕、中間の交通路のところでびっしりと漂流物などのゴミが堆積しています。
いちおう目視にて左右の交通路が確認できました。
DSC_4025.jpg

まあここもムリして肉球をケガさせたらいけないので、
DSC_4021.jpg

出て先に行きましょう。
DSC_4017.jpg

片側側面に四角い掘り込みがあります。
DSC_4028.jpg

DSC_4027.jpg

さあ3号に向かいましょう
DSC_4031.jpg

DSC_4033.jpg

これが3号壕です。
DSC_4034.jpg

ここも床に赤い塗料の跡があります。
DSC_4037.jpg

独特の雰囲気を醸しています
DSC_4040.jpg

>ここはナカはクリアーですね!
DSC_4041.jpg

3号壕進入!
DSC_4042.jpg

ここは右側、2号壕方面のみ通路ができています。
DSC_4044.jpg
覗いてみましょう!
DSC_4045.jpg

2号、そして1号までつながっています。先ほど同様、ストロボなしだと真っ暗闇です。
DSC_4046.jpg

3号をさらに奥まで進むと
DSC_4048.jpg
左に曲がって続いています。
DSC_4049.jpg

曲がった先は2号を経てその先の1号までクリアに見渡せます!
DSC_4050.jpg

ここまで確認できたので脱出しましょう。
なんで1号まで歩いて抜けてみたりしないのかって?写真だと分からないけど、ほんと真っ暗でこわいんです(笑)
DSC_4060.jpg

途中もう一度中間交通路を見ます。やっぱ怖くて行けないや。
DSC_4064.jpg

では、脱出しましょう。
DSC_4066.jpg

ここも片側に四角い切込みがあります。
DSC_4070.jpg

DSC_4068.jpg

続いて4号に行きましょう。
DSC_4073.jpg
ここでこれまでのおさらいをすると、1~3号壕は、このようにつながった構造になっていました。
    ____
   |_|_|
__|_|_|__
   3  2  1   ///海///

はたして4号以下はどうなってるんでしょうか?
DSC_4076.jpg

これが4号壕です。
DSC_4078.jpg

>なんかやけにユカがでこぼこしていますね!?
DSC_4080.jpg

>くんくん、なんかちょっとちがうぞ
DSC_4081.jpg

壕の位置から外れていますが、なにかが埋め込まれていた跡があります。
DSC_4082.jpg

壕入り口付近には枕木が並んでいたような跡が見られ、
DSC_4088.jpg

両サイドにも溝が切ってあります。
DSC_4086.jpg

少し入ると中は広くなっています。
DSC_4084.jpg

>ここはいままでのとなんかちがいますね?
DSC_4089.jpg

右にあるのは交通路かと思ったら、
DSC_4090.jpg
50cmほど掘っただけでやめてあります。
DSC_4092.jpg

振り返ると、中が広くなっているのがよくわかります。
DSC_4098.jpg

>ここはなんでいままでのとちがうんでしょうねぇ
DSC_4095.jpg

これは全くの推測ですが、ここは艇の修理や整備を専門に行っていたのではないかと思います。
DSC_4106.jpg

だって、「4」号の船は嫌だよね、たとえ任務が特攻だと分かっていても…
DSC_4102.jpg

出ようか…
DSC_4104.jpg

これより先、5号以下は、ほぼ陸地に開口した壕となります。
DSC_4112.jpg

干潮なのでこんな感じです。
DSC_4113.jpg

これが5号壕です。
DSC_4116.jpg

当時、震洋艇は台車に乗せられて、ゆるやかなスロープを降りるようにして入水したらしいですが、
DSC_4122.jpg

ここの地形はそういうのが想像に難くないです。
DSC_4121.jpg

それでは5号壕、進入!
DSC_4123.jpg

緊張感も解けてきたので、動画でも。


動画では見にくかったですが
DSC_4125.jpg
ここも1号と同じような構造になっています。
DSC_4126.jpg
つまり、中間と最奥部に、6号、7号への交通路が作られています。
DSC_4127.jpg

今回は最奥部から。
DSC_4128.jpg
6~7号方向が見渡せます。
DSC_4130.jpg
といっても肉眼では真っ暗闇の世界です。途中から水がたまっているようです。
DSC_4131.jpg

続いて、中間の交通路を見てみましょう。
DSC_4139.jpg

こんな感じ、ここから見る限り7号までクリアな道が続いています。
DSC_4138.jpg

入り口を振り返ると、壁にぐるりと溝が切ってあります。
DSC_4140.jpg
なんのためかは不明です。
DSC_4142.jpg

こうやって見るとわかりやすい。なんか腸の中みたいだ(笑)
DSC_4145.jpg

つづいて、6号に行きましょう。
DSC_4148.jpg

このあたりはもう干潟、湿原といったかんじです。
DSC_4155.jpg

6号壕です。
DSC_4156.jpg

中は水没してますね。
DSC_4160.jpg

とりあえず進入します。
DSC_4157.jpg

中に震洋みたいなのがあるぞ!
DSC_4167.jpg

ここから先は船に乗って探検してくださいということか?なんかドラクエみたいだ!
DSC_4180.jpg

写真だと怖くないけど、真っ暗な中での水ってのは気持ち悪いです、ムリ!
「リレミト!」
DSC_4168.jpg


しかし呪文はふうじこめられていました!歩いて外に出ましょう(笑)
DSC_4178.jpg

続いて、7号壕です。
DSC_4183.jpg

ここはおびただしいゴミで埋め尽くされています。
DSC_4184.jpg

中に釣り針や釘の出た木材などがあったので進入をやめました。中は3号と同じ構造でした。
DSC_4188.jpg

今回は一応これで探索終了としました。
DSC_4191.jpg

まだ谷戸の中を藪漕ぎすれば、震洋壕のほか燃料壕や資材置き場など含め、まだ10あまりの壕があるらしいです。
DSC_4192.jpg

緊張していたので疲れました。あとは干潟で水遊びしましょう。
DSC_4195.jpg

震洋壕をバックに、しばしくつろいで過ごしました。
DSC_4198.jpg

ここに配属された第27震洋隊ですが、出動はないまま終戦を迎えたとのことです。
DSC_4196.jpg

平和な現在からは想像もできない過酷な時代・・・
DSC_4212.jpg
そんな時代があったから今があるんだということに改めて感謝して、
DSC_4214.jpg
今はただただのどかな、この場所をあとにしました。
DSC_4228.jpg

三浦市小網代の震洋特攻基地跡でした。
PhotoGrid_1416802265663.jpg

にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 お出かけ・お散歩へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へ

 
スポンサーサイト
コメント
コメント
今頃気づいた!
どうして、景色とグレちゃんが
いい感じのアングルになるのかなぁ?
って思ったら
フリーなんだ!

外でフリーにしても、どっか行っちゃわないのねぇ・・・
2014/11/29(土) 03:30:51 | URL | マリヤカルマナ #- [ 編集 ]
マリヤカルマナさん
グレはちっちゃいころからお山歩きや川歩きをしてたので、
自然とくっついて一緒に歩けるようになりました。
勝手にどっかいっちゃわないのは、ややというかかなりチキンな性格なのもあるでしょうね(笑)
一度吾妻渓谷で崖を勝手に下りて上がって来れなくなったのがトラウマになってるのもあるかもしれません。
あん時は困ったなー(笑)
2014/11/30(日) 01:50:44 | URL | bunnytheflat #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。