Bunny The Flat
フラットコーテッドレトリバーのグレースとウェルシュコーギーペンブロークのミルクのDog Life
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
油壺 震洋・海龍特攻基地跡 【後編】
油壷湾の旧海軍特攻基地跡を探検しています。
DSC_4277_20141207090214292.jpg

これまで特攻艇・震洋、特殊潜航艇・海龍の格納壕をひと通り見てきて、さあひとやすみ、と思ったら・・・
DSC_4273.jpg

>まだみのがしているものがあるはずです!ヤマガリをしましょう!
DSC_4267_20141207090222992.jpg
ということになりました。山狩りですか・・・

>くっくっくくん!なんかにおいますよぉ
DSC_4771_20141207091654f6c.jpg

グレースについて藪の中に入っていくと・・・
>なんかへんなデイリグチのあとみたいなのがあります!
DSC_4715.jpg

>こんなんデましたぁ!
DSC_4229_201412070923470aa.jpg

海龍壕の跡のようです。現在は東大が管理しているようです。
DSC_4713.jpg

さらに、これも海龍壕跡でしょうか?よくみると、
DSC_4717_201412070929110b2.jpg
右側に草に埋もれた階段があります。
DSC_4718.jpg

のぼってみたらまた小さな壕がありました。資材庫かなにかでしょうか。
DSC_4722.jpg

そして奥にもうひとつ、こっちは大きそうな壕跡ですが、現在は入り口は塞がれています。
こんな位置にあるということは、なんらかのアジトみたいなものがあったのでしょうか?
そういえばどこかに司令部があったそうですが、ここいらがそうだったのかもしれませんね・・・
DSC_4726.jpg
よくやったよグレース、まあ今日はこんなところかな?


>とんでもない!こんなのはジョノクチですよ!もっとあっちにつよいニオイをかんじます、ついてきてください!
DSC_5003.jpg


>くんくんくくくくんっ!?
DSC_4794.jpg

>このうえがキョウレツにニオいます!いきますよ!
DSC_4851.jpg

>はやくはやくっ!
DSC_4853.jpg

グレースを追って密林の中を駆け上がっていくと…


凄いところに出ました!
DSC_4994.jpg

密林の急斜面に、息を潜めるように隠れていたこの遺構こそが、
DSC_4854.jpg

油壺特攻基地・司令部壕でした!
DSC_4856.jpg

両側は山の斜面を、
DSC_4859.jpg
大きく、かつ正確にえぐっていて
DSC_4860.jpg
深い切り通し状になっています。
DSC_4862.jpg

そしてその奥の壁面には、
DSC_4981.jpg

二つの出入口が開いています!
DSC_4870_201412071008211ab.jpg

正面がいままでいくつも見てきた壕状のもの、
DSC_4959.jpg

そして右側面にあるのは、
DSC_4868.jpg
コンクリートで施工された部屋状の構造物です。
DSC_4863_201412070957409a4.jpg

まずは正面の壕を調べましょう!
DSC_4873.jpg

内部はすぐに左に曲がっています。
DSC_4874.jpg

そのあとはまっすぐ。
DSC_4875_20141207101407d06.jpg

20mほどで行き止まりです。
DSC_4877.jpg

最奥は前編で見た壕の一つにあったように、大きな段になっています。
DSC_4878.jpg

直角に曲げているのは何か理由があったのでしょう。隊員たちにさえ容易に中を見せないためでしょうか?
DSC_4881_20141207101642736.jpg

脱出しましょう。
DSC_4883_201412071016481f8.jpg

DSC_4884_20141207102158c50.jpg


続いて、隣の部屋を調べましょう!
DSC_4886.jpg

コンクリート部分には隅に穴が開いていて、庇か何かの建具があったことを偲ばせます。
DSC_4938.jpg

内部は手前の部屋と奥の部屋に分かれています。
DSC_4887.jpg

まずは手前の部屋。横長の左右対称の構造になっています。どうやらここが現場の中枢であったようです。
DSC_4888.jpg

入り口の壁のコンクリートの厚さが、重要施設であった証でしょう。
DSC_4919_20141207102757569.jpg

入って右側。現代だったら間違いなく大きなモニターやキーボードが置かれるところでしょう。
DSC_4889.jpg

小さな明り取りの窓と、恐ろしく頑丈そうな机状のものがあります。
DSC_4894.jpg

左も同じ構造です。往時はどんな作業をしていたのでしょうか。海図などが貼ってあったのでしょうか。
DSC_4890.jpg

ストロボなしだとこんな感じです。
DSC_4912.jpg
雰囲気が伝わるでしょうか。
DSC_4906.jpg


そして奥の部屋です。
DSC_4917.jpg

けっこう広くて、LDK16畳って感じです。
DSC_4896.jpg

かまぼこ型の天井や、面一な壁は丁寧な造りに感じます。
DSC_4895.jpg

中から振り返るとこんな感じです。左の窓の下に階段のような構造があります。
DSC_4898.jpg

ここはストロボなしだと完全に真っ暗です。
DSC_4900_20141207105055d5b.jpg

詳しいことはわかりませんが、ここでは上官が作戦をたてたり、本部や隊員と無線連絡をとったりしたのでしょう。
DSC_4930.jpg

長くいるにつれ、往時の緊張感が少し想像できるようになってきました。
DSC_4916.jpg


震洋壕を探検していたときは、隊員たちの壮絶な決意や無念の情を想いましたが、
DSC_4945.jpg

ここでは、いずれ部下に帰らぬ任務の指令を下さなければならない、
DSC_4948.jpg
そんな上官たちの、恐怖と自責の念をむりやり暗がりに押し込んだような、苦しさを想像してしまいます。
DSC_4953.jpg

そして今の幸せを実感すると、
DSC_4947.jpg

そんな安全な箱庭の中で、目の前のほんの小さな困難に臆し、
DSC_4958_20141207111437b81.jpg

小さな一歩すらなかなか踏み出せない自分を恥じる。
DSC_4956_2014120711143424e.jpg

そして次の瞬間、
DSC_4950.jpg

明日はもっと精一杯生きてみようという力が湧いてきた。
DSC_4935.jpg

DSC_4964.jpg

行こうか。
DSC_4969.jpg

いにしえの遺構は、現代の私たちにそんなメッセージを託すと、再び森の中で眠りにつきました。
DSC_4992.jpg

さあ、湾に戻り今日の探検の終点を目指そう。
DSC_4998.jpg



このあとは小さな秘密の砂浜で
DSC_4743_201412071139086bd.jpg

せっかくの干潮を楽しみましょう!
DSC_4739_20141207113907f5c.jpg

>ひゃっほう!
DSC_4745_2014120711390790f.jpg

>きもちいいなぁ!


静かな入り江を満喫します。
DSC_4748.jpg

ヨットがひっきりなしに走っていきます。
DSC_4752_201412071142407bc.jpg

カヤックもきますよ(笑)


>ふう~
DSC_4733_2014120711390079d.jpg

ヨットが行ったら、
DSC_4754_20141207114247e5d.jpg

遠浅になってるので遠くまで泳いで行けます。あっち側までもがんばれば行けそうだね。
DSC_4758_2014120711425330b.jpg

>ジャバッ!
DSC_4769_20141207115157769.jpg

>はぁ、きもちよかったです!
DSC_4761_20141207114252055.jpg

このすぐ先が今回の終点、東大臨海研究所です。かつてはここに特攻本部が置かれていたそうです。
付近から遊歩道に戻ります。
DSC_4774_201412071151573a6.jpg

びしょぬれのグレースと泥んこの私に、びっくりしている観光客と会釈をかわしながら、駐車場に戻りました。
DSC_4782.jpg

三浦市・油壺湾の、震洋・海龍特攻基地の探検でした。
PhotoGrid_1417663126263.jpg

にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 お出かけ・お散歩へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へ

 
スポンサーサイト
コメント
コメント
勇敢なグレースちゃん
こんにちは♪
グレースちゃん、あんな暗いトンネルみたいな場所に、先頭たって入って行けるんですか?勇敢だわぁ(驚)うちのは私が行った後にしか絶対進まないですよ…。
こういう場所でひとり…愛犬はいっしょだけど…私はきっとひとりぼっちな気持ちが増幅して、いきなり怖くなっちゃうタイプなので、やっぱりグレースパパさんは男の人でこんな所スイスイ行けちゃうんだーってドキドキしながら読ませていただきました。
遠い過去を思い描きながら、今の自分と比較してポジティブに自分をもってゆく…グレースパパさんは素敵な人ですね…グレースちゃん!またもや泳いでる!まめなパパさんでグレースちゃんは幸せだわぁv-353
2014/12/08(月) 10:21:51 | URL | エディキャンママ #JalddpaA [ 編集 ]
エディキャンママさん
こんばんは!
探検中のグレは、先に歩くことが多いですが、
私の行く方を予測して、たえず4-5m先を歩く感じです。
グレも基本ビビリですから、どんどん行ってしまうことはないです。
洞窟系のときはもっと近~くなりますね(笑)
そして素敵とおほめいただいて照れちゃいますが、
2,3年前までは全く興味なんてなかった戦跡ですが、
引き込まれてしまうのはやっぱり先人たちの犠牲や苦悩があっての今の平和っていうことに気づいたからでしょうか…
黒ワンコにとって海は晩秋から初冬のお天気の日がベストですね!でももうそろそろ終わりかな。
2014/12/08(月) 23:37:28 | URL | bunnytheflat #- [ 編集 ]
こんにちは。

三浦市というのが分らなくて検索してみたのですが、神奈川県なのですね。
写真があまりに綺麗なので、もっと遠い場所かと思いました。
三浦市の名前の由来が三浦一族。
三浦市のHPで油壺周辺の歴史散歩が載っていたので、読んでみたいと思います。

訪問ありがとうございます。

油壺周辺の歴史散歩
2014/12/10(水) 08:57:38 | URL | ミニーママ #- [ 編集 ]
ミニーママさん
こんにちは!
三浦地区は横浜~横須賀と南下してさらに南端のところです。
ですので海岸もずいぶんきれいです。
歴史関係は私は地元ながら正直うといです(笑)が、
そういった側面でのお散歩も楽しめるところですね。
こちらこそありがとうございました。
2014/12/11(木) 11:35:39 | URL | bunnytheflat #- [ 編集 ]
山狩り、何処かで聞いたフレーズ
良くそこを見つけましたね、途中一箇所通りづらい所があるので、人は来ないのですが。

貴サイトの手石特攻基地、二子山砲台など参考にさせて頂きました、次なる探索を楽しみにしています。
2014/12/13(土) 23:41:40 | URL | yakumo #- [ 編集 ]
yakumoさん
いつも楽しみに拝見させていただいております。
司令部の探索においては、御ブログの記事を何度も読み返し、
動線を想像しながら探索しました。
あらためてお礼申し上げます。
また拙ブログを覗いてくださりありがとうございます。
同じ地域の在住と思いますのでどこかで遭遇しましたらよろしくお願いいたします。
2014/12/14(日) 08:39:53 | URL | bunnytheflat #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。