Bunny The Flat
フラットコーテッドレトリバーのグレースとウェルシュコーギーペンブロークのミルクのDog Life
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
大原 / 人間魚雷回天 特攻基地跡
ムーミン列車を追っかけていすみ鉄道の外房の玄関口、大原駅にきましたよ。
DSC_6014.jpg

ここ大原は、伊勢海老の水揚げが日本一なんだって。伊勢じゃないのにね。
ここでは土日限定でこんな駅弁があったり、
DSC_5115_20150115125305eba.jpg
DSC_5117_2015011512530729b.jpg

「なんにもない」はずのローカル線なのに、今はやりのグルメ列車が走ってたりするんですよ。
イタリアンランチクルーズに、
PhotoGrid_1390355283492.jpg
DSCN6500.jpg

伊勢海老特急。
DSC_9332.jpg
DSC_9307.jpg

>くいしんぼうでテツおたのグレパパはぜんぶコンプリートしてるんですよ!わたしをほったらかしてね!
DSC_6018.jpg

>そんなイセエビでユウメイなオオハラぎょこうにきましたよ。なんかたべさせてもらえるのかな?
DSC_6020.jpg

>ええっ?さっきのつづきですかぁ?あーセンセキね!?
DSC_6021.jpg

>くんくん、きょろきょろ、このへんがアヤしいです!
DSC_6022.jpg

>と、うしろをふりかえったら、ありました!
DSC_6024.jpg

>うもれかけたドウクツがあります!
DSC_6079.jpg

ここ大原町の八幡岬にも、大戦末期に特攻基地が作られました。
DSC_6029.jpg

小浜基地と名付けられたここには、人間魚雷・回天の格納壕が3本造られ、第12突撃隊が配備された記録があります。
回天の説明は、Wikiのリンクを貼っておきます。文字通り人間が操縦する魚雷です。
港に向けて造られたその3本の格納壕のうち、中央に位置する1本が現存しています。
DSC_6030.jpg

両サイドの2本は造成などにより消失しているようです。
DSC_6084.jpg

それでは、その回天格納壕(便宜上B号壕と名付けます)に潜入します!
DSC_6031.jpg

しゃがみながら入り口を超えるとすぐに内部は広くなります。
DSC_6035.jpg

グレースはすたすた入っていきます!
DSC_6036.jpg

壕は幅約3m、高さが若干それより大きく、油壺で見た海龍格納壕に似ています。
DSC_6071.jpg

写真にも時おりストロボに反射して写り込むほどの湿気を感じます。
DSC_6072.jpg

懐中電灯があるからいいですが、10mほど進むと真っ暗になります。
DSC_6039.jpg

奥行きは約40mほどあるでしょうか、かなり長い、まっすぐな壕です。
DSC_6040.jpg

ようやく突き当りが見えました。よしこれで引き返そうか。
DSC_6041.jpg

と、思ったその時です!


>くんくんくくんくんっ!ひだりにわきみちがあります!
DSC_6042.jpg

終点から3mほど手前に狭い脇道があり、覗くとなぜか古い自転車があります!
DSC_6047.jpg

まさかこの先は自転車でどうぞってわけではないでしょう、真っ暗ですから。
DSC_6046.jpg

意を決してそっちに進みます!5mほど先に次の部屋があるのがわかります!
いま写真を見ると天井にコウモリがいるのがわかります。知らぬが仏ってやつです。
DSC_6048.jpg

次の間に入ってすぐ、左に向けてシャッターを切ると・・・
DSC_6049.jpg

造成によって入り口が封鎖されたもう一本の回天壕(A号壕)であることがわかりました!
DSC_6050.jpg

右を向くと、コンクリートで面一に壁ができています。おそらくこれも丘の反対からの造成によるものでしょう。
DSC_6051.jpg

もとの壕に戻りました。さあ帰ろうか。
DSC_6052.jpg

>まってください!ドウクツは3つあったっていってませんでしたか?
でも右の壁には穴は開いてないよー。
DSC_6054.jpg

>くんくくくっ、くんっ!
DSC_6055.jpg

なんと!突き当りの壁に沿って右に曲がる形で、もう一本の交通路がありました!
DSC_6056.jpg

真っ暗なので見落とすところでした!進入します!
DSC_6043.jpg

案の定、3本目の回天壕(C号壕)に交通していました!
DSC_6057.jpg

左側は7,8mほど先まで伸びて止まっています。C号がいちばん長かったようです。
DSC_6061.jpg

で、右方向。
われわれが進入してきたB号の入り口の方向と同じ方向を見ていることになります。
かなりの湿気で、ストロボが水蒸気に反応しています。
DSC_6058.jpg

もう気づいたと思いますが、向うの壁に、さらに2つの交通路が開口しています!
でもそれは撮影後カメラのモニターで気づいたくらいで、中は完全な真っ暗。
懐中電灯の向きを変えただけで、いま来た交通路さえ見えなくなってしまう状況では、単独行ではこの先は危険と判断しました。
DSC_6059.jpg

遭難しないうちに撤収しましょう。なぁに、そのうちエキスパートの方がこの先を見て公開してくれるさ。
DSC_6060.jpg

B-A間よりもB-C間のほうが長く、10mくらいに感じます。
DSC_6063.jpg

最初のB号壕に戻りました。
一部断念した部分はありますが、かつての回天壕は3本とも現存していることがわかりました!
DSC_6044.jpg

懐中電灯の灯りだけでスローシャッターを切ると、かつての枕木の跡がわかります。
DSC_6067.jpg

ここに納められた人間魚雷・回天は、台車に乗せられ、レールを伝って漁港に着水、出撃することになっていたそうです。
DSC_6068.jpg

・・・することになっていた、というのは・・・
DSC_6073.jpg

この基地が完成し隊員も配備されていたが、回天を運搬する輸送艦が洋上で触雷し到着することができず、
DSC_6076.jpg

そのまま終戦となり、隊員たちは難を逃れたということです。
DSC_6078.jpg

いまは伊勢海老の水揚げにわく、平和に満ちたのどかな漁港の姿になっています。
DSC_6089.jpg


さて、このあとは探検のごほうびに、漁港にほど近い大原海水浴場にいきましたよ。
DSCN0663.jpg

冬の海水浴場はひとっこひとりいませんでした。
DSCN0677.jpg

広大な砂漠のような砂浜で思い切り走りました!
DSCN0666.jpg

>ひゃっほう!
DSCN0684.jpg
>きもちいい~
DSCN0685.jpg

もちろんザブンも!
DSCN0686.jpg
>バシャバシャ!
DSCN0687.jpg
>ダーッ!
DSCN0688.jpg


すごい遠浅!泳ごうと思ったら、あれ、足が着くじゃん?って感じでした!



>サイコーでーす!
DSCN0704.jpg


いま、いつでもそこにある平和な日常は、
DSCN0724.jpg

かつての大きな代償と引き換えに私たちが手に入れたものなんだと気づきました。
DSCN0720.jpg

だから、そんな毎日をたいせつにしようね。
DSCN0668.jpg

「なんにもない」いすみ鉄道が結ぶ、「とんでもない」遺構が、私たちにそう伝えてくれました。
DSC_6119.jpg

千葉県いすみ市の、2つの特攻基地跡の探検でした。
DSCN0674.jpg


にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 お出かけ・お散歩へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へ

 
スポンサーサイト
コメント
コメント
こんばんは!
千葉に回天の基地があったなんて、知りませんでした(+o+)
今回の探検、今まで以上に緊張感高く拝見させていただきました(^_^;)
グレパパさんさすがですね!いくら回天に興味があっても、
怖すぎてそんな真っ暗な中絶対に行けません!!
いや~、とっても貴重な物を見させていただきました。
ありがとうございます!!

以前、勝浦に行った帰りのお土産屋さんで、
「伊勢海老アイス」というカップアイスを食べました。
どんな味かと思いましたが、とっても美味しかったですよ~♪
2015/01/16(金) 20:30:38 | URL | 野乃母ちゃん #- [ 編集 ]
ドキドキ!!
こんにちは♪
今回は一番迷路っぽく奥まで入って行ったんじゃないですか?
だんだんドキドキしてきたのに、まだまだ続く感じでした。
あのストロボ撮影のモヤモヤは湿度なんですね。
説明を受けないと、なんだか変なモノが写っているのかと思いますよー。
それにしても…グレースパパさんは怖くないんですね。
閉所恐怖症の私には絶対できない事だわ(汗)

それにしても何気にグレースちゃんが、『テツおた』っと言っていたのが妙に可笑しかった。

最後の海!
広くてとーっても気持ち良さそう♪
本当に、この幸せな時間を当たり前のものとは思わずに、
感謝して生きてゆきたいですね。
2015/01/17(土) 11:56:57 | URL | エディキャンママ #- [ 編集 ]
野乃母ちゃんさん
おはようございます!
興味がないうちは全く知らなかったんですが、
いざ調べてみると横須賀三浦や房総沿岸には
こういうのがいっぱいあったんですね。
洞窟系は実は苦手だったんですが、慣れました(笑)
そしてこの内部、とくに埋もれている両脇の2本を
公開しているサイトは見つからなかったので
モチベーションもあげあげで臨みました!

伊勢海老アイス!冷製アメリケーヌソースみたいな味わいなのでしょうか!?
野乃ちゃんが誕生日に泊まったホテルにいつか行きたいので、
そのときにトライかな~?
2015/01/18(日) 07:52:05 | URL | bunnytheflat #- [ 編集 ]
エディキャンママさん
おはようございます!
小網代の基地探検では真っ暗なところは怖くてパスしてしまい、
やっぱり後になって後悔したもんですから、
今回は不退転の決意で(笑)懐中電灯片手に奥まで行くぞと決めていました。
でもやっぱりホントの真っ暗というのは恐怖ハンパなかったです!
変なもの踏んだり酸欠になったらどうしよう?
なんて考えだしたらもう足が止まっちゃいますね(笑)

テツおたの活動は最近封印してしまってますが、ワンコと乗れる観光列車とかあったらいいですよね~!?
外房の海は砂浜が広大で、ほんと砂漠みたいでしたよ~
2015/01/18(日) 08:00:01 | URL | bunnytheflat #- [ 編集 ]
素敵です(^-^)
はじめまして、祐実総軍三等兵と申します。

ワンちゃんが戦争遺跡を探訪し
案内してくれるんですね(^-^)
実に素敵で感動しました!

お調べいただいた地下壕の内部は
どうなっていたのか、近いうちに
当サイトで掲載しますので
お時間がある時にでもご笑覧いただけたら
幸いでございますm(__)m

今後も素晴らしいレポートを
楽しみにしております。

2015/01/30(金) 23:04:41 | URL | 祐実総軍三等兵 #ft.RO07s [ 編集 ]
祐実総軍三等兵さん
はじめまして。
愛犬と今日はどこにお散歩にいこうか?が高じて、
休日の趣味が次第に探検になってきてしまいました。
戦跡もまだ興味を持って日が浅いのですが、
忌まわしい遺物として葬られてきたこの手のものも、
時代が変わっていくなか、きちんと知って後世に伝えるべきなんじゃないか?
という気持ちで、探検遊びながらもできるだけ正確な記録を心がけています。

御サイトも早速拝見しました。
これからの探検の参考にぜひさせて下さい。
楽しみにさせていただきますね。
2015/01/31(土) 10:35:57 | URL | bunnytheflat #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.