Bunny The Flat
フラットコーテッドレトリバーのグレースとウェルシュコーギーペンブロークのミルクのDog Life
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
西浦砲台左翼観測所【後編】
横須賀市秋谷の日影山、その奥深くに眠る、西浦砲台左翼観測所の廃墟に辿りつきました!
DSC_6537.jpg

砲台観測所とは、実は詳しく説明できないのですが、敵機の接近をいちはやく察知し、
方向や距離などを計算して砲撃に繋げるための施設、としておきます。
DSC_6393.jpg
この西浦砲台左翼観測所は、大正時代にやや離れた峯山に築かれたとされる西浦砲台の付属施設で、
通信室、砲台長位置、計算室、測遠機室で構成されています。
DSC_6397.jpg

それではさっそく、グレースと、まずは目の前にある通信室から見ていきましょう!
DSC_6396.jpg

建物一階は、地面から50cmほど掘り下げた感じになっています。
DSC_6416_201502050925274c3.jpg

通信室は2部屋にわかれています。
DSC_6394.jpg

これが奥側の部屋です。タタミ1畳ほどのスペースです。
DSC_6399.jpg

隔壁はレンガ積みでできています。
DSC_6583_20150205085928b48.jpg
間には引き戸があったのでしょうか。なかなかの保存状態です。
DSC_6585_20150205085936349.jpg

>おとなりにいきましょう
DSC_6401.jpg

DSC_6587_20150205085935ec8.jpg

隣も同じ広さの部屋です。
DSC_6475.jpg

外から見るとこんな感じ。
DSC_6580.jpg

円い大きなコンクリ板が割れたようなのが落ちています。
DSC_6591.jpg
>くんくん、これはどっかからもってきたっぽいですね!
DSC_6403.jpg

そして、特筆すべきは、この丸い大きな穴。
DSC_6405.jpg
これは伝声管といって、階上の砲台長から口頭で指示を伝えるための管だそうです。
DSC_6406.jpg

棚のようなのもあります。ここにも小さな穴が開いています。
DSC_6589_20150205091440b07.jpg

>つぎ、いきましょう!
DSC_6412.jpg

この階段の上が砲台長位置ですが、先に奥の計算室に行きましょう!
DSC_6413.jpg

計算室は大きな入口があって、窓が2つ開いています。
DSC_6435_20150205092532e66.jpg
屋根は曲線を描いていて優雅な感じです。
DSC_6433.jpg
では進入しましょう!
DSC_6561.jpg

計算室内部。洋室5畳って感じの広さです。
DSC_6440.jpg

天井には砲台長位置につながる四角い穴が2つ開いています。
DSC_6437.jpg
ここからは声だけではなく、資料などもやり取りしたのでしょうか?
DSC_6569.jpg

>さらにあっちに、おにわみたいなのがあります!
DSC_6442.jpg

奥にあるのが、測遠機室といわれるものです。
DSC_6423_20150205093615f31.jpg

砲台状に丸く掘りこんだスペースの中央に、やはり丸い台座があります。
DSC_6565_201502050947553a8.jpg
側面には砲側庫みたいな物入れもあります。
DSC_6443_201502050947413c4.jpg
周囲は藪におおわれています。
DSC_6563.jpg

縁に上って、計算室を見下ろします。古代遺跡みたいだ。
DSC_6450.jpg
ここには名前の通り、測遠機というものがあったのでしょう。
DSC_6452.jpg
計算室に落ちていたコンクリ片はこの上に載ってたものと思われます。
DSC_6465.jpg

>ここでみんなでバーベキューしたらたのしいでしょうねぇ!
DSC_6461.jpg
言えてる!この間取り、なんかいいなあ!
DSC_6469.jpg

次行くよー
DSC_6470.jpg

いよいよ最後の部屋、砲台長位置はこの階段の上です!
DSC_6418.jpg
わざわざ2方向に階段が切られているというのは、それだけ迅速な行動が求められたのでしょう。
DSC_6478.jpg

>えっへん、わたしがホウダイチョウです!
DSC_6480.jpg

直径1.5mほどの円形のスペースに、
DSC_6481.jpg

通信室向けに伝声管、
DSC_6482.jpg

計算室向けに2つの連絡口が開いています。
DSC_6523.jpg

まわりのコンクリートはすごく分厚くて、
DSC_6509_20150205101317fb7.jpg
上には何か建屋があったのだろうと思われます。
DSC_6507.jpg
ボルトの跡です。
DSC_6511_201502051013116e7.jpg


それにしてもこの伝声管っていうの、試してみたくなる(笑)
「グレースーッ!」と叫んでみると、
DSC_6487.jpg

>ええっ!?シタからパパのコエがしましたよ!?ちょっとみてきます!
DSC_6484.jpg

通信室内をきょろきょろしてるので、もう一回呼んでみます(笑)
DSC_6492.jpg
「グレースー!」

>えっ、ええっ!?ななななんですか?これっ!
DSC_6514.jpg

>はぁはぁ!そんなフシギなっ!?
DSC_6530_201502051026347ab.jpg
>えええ~!?
DSC_6503.jpg
>このっ、このっ!
DSC_6519_20150205102637820.jpg

何度も砲台長位置と通信室をいったりきたりするグレ(笑)
DSC_6536.jpg
>ええ~?ここがこうであそこがああでぇ?
DSC_6534.jpg
>ついでにこっちもこうですか!
DSC_6496.jpg

>ああやっとわかりました。
DSC_6525.jpg
>おもしろいとこですねえ!ここ!
DSC_6573.jpg

グレースの興奮がやっと収まったので、これで探索を終了しました。
DSC_6420.jpg

静かな森のいにしえの廃墟には
DSC_6599_20150205103726af8.jpg

当時の英知と、優雅が同居しているように感じました。
DSC_6577_2015020510373051f.jpg

深い藪の中の廃墟は、再び眠りにつこうとしています。
DSC_6594.jpg

>なごりおしいなあ。
DSC_6604.jpg

後ろ髪引かれる思いで、廃墟をあとにしました。
DSC_6552.jpg

>パパ、かえったら、わたしたちのおうちにもデンセイカンつけてください!これはベンリですよ!
DSC_6600.jpg


というわけで、このあとは再び藪漕ぎしながら下山し、
DSC_6630_20150205104920bb2.jpg

不動滝でのどをうるおしてから、
DSC_6646.jpg

約束通り立石の海で遊びましたよ!
DSC_6678.jpg
富士山がきれいです!
DSC_6694.jpg

>ああきょうはたのしかったです!こんどはホウダイそのものをさがさなきゃね!
DSC_6673_20150205104920047.jpg
という、新たなターゲットがみつかった、西浦砲台左翼観測所の探検でした。

続編・「幻の西浦砲台」へつづく

にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 お出かけ・お散歩へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へ

  
スポンサーサイト
コメント
コメント
素敵です(^-^)
グレース砲台長(^^ゞ

伝声管の仕組みがよくわかって
おられないようで(笑)

グレース隊長に我々も続かなくては!
今、当サイトは富津市のページを
制作してますが、グレース隊長の
活躍を讃えまして、次はいすみ市内の
制作に取りかかります(^^ゞ

隊長、次はどこに行くのかな(^-^)
合同調査もいいですね~

またお邪魔させていただきます(^^ゞ
2015/02/05(木) 16:24:36 | URL | 祐実総軍三等兵 #ft.RO07s [ 編集 ]
祐実総軍三等兵さん
ありがとうございます。
多少脚色はありますが、
グレが伝声管でよろこんだのは事実で、こっちも楽しみました(笑)
通信室側の円形のカットを工夫することにより
メガホン効果を生んでるところが素晴らしいと思いました。

富津は、岬の海坊主はじめ見たいものが多く、
出来ればこの冬のうちに行きたいと思っています。
海でも遊べますしね(笑)

あとは金谷砲台など、千葉で見たいところはたくさんありますね~
御サイトにもお邪魔させていただきます。
2015/02/06(金) 06:48:34 | URL | bunnytheflat #- [ 編集 ]
敵機ではなく敵艦ですね。
西浦砲台は関東大震災などで、損傷し除籍となってしまったので、観測所はゴミ同然でした。
2015/11/05(木) 01:15:40 | URL | #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.