Bunny The Flat
フラットコーテッドレトリバーのグレースとウェルシュコーギーペンブロークのミルクのDog Life
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
観音崎 北門砲台跡 【後編】
北門第2砲台から続く遊歩道を脇にそれ、藪の中の切り通しを進んでいくと・・・
>はあはあ!すごいのをみっけましたよ!
DSC_0479_20150506145756320.jpg

それは忽然と現れました!
DSC_0629_201505061457507c7.jpg

左手に古い石の階段と、その下、右手に幅1.5mほどの垂直に掘り下げられた部分に施設跡があります!
DSC_0488_20150506150641632.jpg

これが北門第2砲台の司令所といわれるものです!
DSC_0490.jpg

まずは右手の狭い階段の下から見てみましょう!
DSC_0491_20150506150645cca.jpg

>こっちですよ、こっち!
DSC_0487_20150506150635bac.jpg

なんか異国の戦争地帯に紛れ込んだような錯覚を覚えます!
DSC_0492.jpg

この部分は、指令所付属室と呼ばれるものだそうです。
DSC_0495_2015050615143757b.jpg

入り口や窓枠のぶ厚いレンガはところどころ無残に砕けています。
DSC_0513_20150506151848ba2.jpg
戦争によるものかはわかりませんが、すごい緊張感を醸しています。
DSC_0524_20150506151858343.jpg

それにしても深く、狭い切り通しですね。
DSC_0499_20150506151443920.jpg

上を見上げるとこんな感じ。
DSC_0498.jpg

>なかをみてみましょう!
DSC_0496.jpg

>はいりまーす!
DSC_0494.jpg

内部は8畳程度の四角い部屋になっています。
DSC_0500_20150506152403d48.jpg

ふりかえるとこんな感じ。壁はレンガの上から漆喰を塗ってあるようです。
DSC_0501.jpg

中は真っ暗で、ストロボで撮影してますが、グレの背後に丸いものがありますね。
DSC_0508_2015050615241024a.jpg

撮影時は気付かなかったけど、伝声管かな?
DSC_0504_20150506152407405.jpg

出ますか。
DSC_0507_20150506152411c83.jpg

いつも思うことだけど、この時代の軍事遺構ってなんかエレガンスを感じます。
DSC_0597_201505061535434f7.jpg

年月によりそれがさらに味わいを深めているように思います。
DSC_0590.jpg

DSC_0587.jpg

DSC_0606.jpg

>さあ!こんどはウエをみにいきましょう!
DSC_0596.jpg

>はあはあ!
DSC_0486_201505061457578ab.jpg

DSC_0600_20150506154612fef.jpg


続いて階段を上がります。グレはあっという間に行ってしまいました。
DSC_0536.jpg

転落防止用のこの手すりは、当時のままのもののようです。
DSC_0584.jpg

微妙なバランスでかろうじて残ってる感じですが、私もそっと手を駆けながら登りました。
DSC_0540_201505061552185da.jpg

最上部です。落ちないようにね。
DSC_0541.jpg

左手に遺構があります!
DSC_0543_20150506155223725.jpg

これが指令所の観測室といわれるものです!
DSC_0546_20150506155227832.jpg

丸いエリアの中央に、円柱と3本の角柱があります。
DSC_0549.jpg

これは測遠機台だそうです。かつては屋根がついてたのでしょう。
DSC_0550.jpg

西浦砲台左翼観測所の測遠機室と同じような感じです。
DSC_0551.jpg

>ふむふむ。
DSC_0610.jpg

ここは砲台横の小山の頂に位置しているようです。
DSC_0554.jpg

ここで東京湾に侵入する敵艦船などへの距離を測定したのでしょう。
DSC_0562.jpg

>うちのおにわにもこんなのがほしいです!パパがカエッてくるのをミハりたいです!
DSC_0565_20150506162150f79.jpg


任を解かれて久しい今では、ただ周囲の森の一部となって
DSC_0615.jpg
古代遺跡のように静かに佇んでいました。
DSC_0612.jpg

この先も、人知れず小高い森の藪の中で、息を潜めて生き続けるのでしょう・・・
DSC_0569_2015050616060918b.jpg


降りましょう。こうやって下を見ると、落ちたらただでは済まなそうです(笑)
DSC_0576.jpg

>きをつけてくださいよ~
DSC_0575.jpg

平和な現代の、観光化された要塞跡に、静かに潜む生き証人に出会えました。
DSC_0592.jpg
激動の時代を生き抜いた遺構に、敬意の会釈をして、
DSC_0607.jpg
遊歩道に戻りました。
DSC_0580_20150506160915dd1.jpg


さてこのあとは、北門第1砲台を見ましたが、
DSC_0652.jpg
ここはざっと見ただけ、
DSC_0653.jpg
話も長くなるしね(笑)
DSC_0660.jpg
また次の冬にでも、ほかの砲台も含めて探検しましょっか。
DSC_0665_201505061630596c6.jpg


というわけで、
DSC_0669.jpg
遊歩道をさらに進み、
DSC_0672.jpg
海岸に降りましょう。
DSC_0674_20150506163559ef5.jpg

こんなのを見ながら岩場を伝っていくと、
DSC_0683.jpg

人の来ない砂浜に出ましたよ。
DSC_0692.jpg

>ふう、まずはクールダウンして…
DSC_0695.jpg
>ぶるるっ!
DSC_0697.jpg

このあとはたっぷり泳いで
DSC_0741_20150506164311aa2.jpg

春の海を満喫しましたよ。
DSC_0707.jpg

>ひゃっほぅ!
DSC_0742_201505061643149ce.jpg


海岸を伝いながら最初のとこに戻ってきました!楽しかったね。
DSC_0754.jpg

ミリタリーなタイムトリップのあとは海遊び満喫!春の観音崎でした。
DSC_0758_20150506164319dea.jpg

にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 お出かけ・お散歩へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へ

 
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.