Bunny The Flat
フラットコーテッドレトリバーのグレースとウェルシュコーギーペンブロークのミルクのDog Life
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
白根硫黄鉱山跡 Season3 変電所跡
最近なかなか更新できなくてまだGWの話なんですが、3度目の白根硫黄鉱山にいってきましたよ。
今回を集大成にするつもりです。
一応今までの探検のアーカイヴのリンクを貼っておきますね。
白根硫黄鉱山Season1 【前編】 【後篇】 (グレ1歳)
         Season2 【前編】 【後篇】 (グレ2歳)

さあ、今年もシズカ山にやってきました!
DSC_0543_20150530214123344.jpg

あたりはまだ遅い春が届いたばかりです。
DSC_0545_2015053021414637a.jpg

廃スキー場跡に着きました。
DSC_0550_20150530214148da0.jpg

例によって、石碑に今日の探検の無事を祈ります。
DSC_0555.jpg

>ふう!ゆきっ!きもちいいです!
DSC_0549_20150530214145267.jpg

今回はスキー場の廃墟も記録しておくことにしました。
でもクラブハウスは心ない人の悪戯を助長したくないので、載せません。ひどいもんでした。
ハウス前のリフト乗り場です。
DSC_0557.jpg
往時はここに長い列ができていたのでしょう。
DSC_0564_20150530214738822.jpg
ワクワクした人たちを載せてシズカ山を駆け上がったリフトの椅子は、もう取り払われてしまっています。
DSC_0560.jpg

では、あっちのリフトに沿って鉱山跡に向かいましょう。
DSC_0565_20150530215817e97.jpg

白根の山がきれいです。そういえばここに来るときはいつも晴れです。
DSC_0567_2015053021583838a.jpg

気温は10℃台ですが、暑いです。残雪のうえで休憩しながら行きます。
DSC_0568.jpg

初心者コースのリフト終点です。
DSC_0573_20150530220416156.jpg

もうだれも座ることのない錆ついた椅子が悲しげです。
DSC_0575_2015053022042758c.jpg

>くんくん、これのうごくのをみてみたかったです!
DSC_0577_20150530220435068.jpg

新旧の廃墟が眠るシズカ山。さあ、その先にすすみましょう。
DSC_0579.jpg


もうおなじみの鉱山跡に着きました。
DSC_0584_201505302204318db.jpg

ぽっかりあいている坑口
DSC_0590_20150530221200c7a.jpg

真っ白なズリ山と
DSC_0593.jpg
精錬所跡。
DSC_0600_20150530221917c1f.jpg

いままで見たこれらは今日はスルーして、厳洞沢の対岸、
DSC_0596_20150530221219714.jpg
あっちがわの山を登ってみましょう。
DSC_0597_201505302218531bb.jpg

対岸に渡りました。精錬所の後方の山の中腹には去年探検した破砕選鉱所やホッパーが透けて見えます。
DSC_0609.jpg

登山道でもある道を登っていきます。
DSC_0615_201505302223011c5.jpg

>はあはあ、それにしてもあついあつい
DSC_0614.jpg

こうやって見ると施設跡の他にも、造成跡がいっぱい残ってて、マチュピチュ遺跡みたいなオーラを感じます。
DSC_0618_20150530222259c49.jpg

>くんくくっ!なんかでてきました!
DSC_0619.jpg

朽ちた建物基礎があって、そのむこうに新しめの建物があります!
DSC_0621_20150530223049d35.jpg

中を覗くと鉱水の浄化プラント?のような感じでした。廃スキー場関連かもしれません。
DSC_0623.jpg

そして横の崖には廃橋がかかっています!奥にもう一軒なんかありますが先に橋を見ましょう!
DSC_0620_20150530223039d1d.jpg

これは間違いなく鉱山時代のもののようです。
DSC_0679_201505302245132ba.jpg

枕木が残っているのでトロッコのあとのようです。
DSC_0672_20150530224346eaf.jpg
対岸の斜面に沿って鉱山跡の上のほうに繋がっているようですが、腐食が激しくて危ない感じです。
DSC_0674_20150530224516585.jpg

>くんくくっ!おりてカワをわたれば、あっちいけますよ!
DSC_0673.jpg
ん~でも対岸が土砂崩れ寸前に見えたので、やめました(笑)
DSC_0668.jpg

奥のもうひとつの建物を見てみよう!手前には塩が盛られたようなへんな施設跡がありますね。
DSC_0628.jpg

高電圧?危険?いつの話かな?
DSC_0633.jpg

>おじゃましまーす!
DSC_0630.jpg


なんと中は、昭和の機械ワールドがぷんぷんしています!
DSC_0632.jpg

これが白根硫黄鉱山の変電所跡です。
DSC_0641.jpg

おそらく、外側のブロック壁と屋根は、閉山後に鉱水処理施設を維持するために更新されたのでしょう。
DSC_0643.jpg

一見するとガラクタのようなバッテリーとかコンプレッサーみたいなのがころがっています。
DSC_0645.jpg

天井の真ん中は蛍光灯じゃなくて穴が開いて天日が差し込んでいるだけです。
DSC_0646.jpg

無造作に並んだトランス。これらはいまはただ、役目を終えて静かに佇んでいます。
DSC_0647_201505302310579af.jpg

なんか凄そうなレバー。手塚治虫の世界のようです。
DSC_0657_201505302311082b3.jpg

かつてはおれたちが、日本を動かしていたんだ。
DSC_0650_2015053023111116e.jpg

物言わぬ廃物たちが、そんなメッセージをオーラで伝えてきました。
DSC_0656.jpg

お疲れ様、とお辞儀をしてグレとここをあとにしました。
DSC_0652_201505302311159e8.jpg


外に出るといちもくさんに雪だまりに走るグレ。
DSC_0682.jpg

眼下には、シーズン1の精錬所と
DSC_0684_2015053023261346d.jpg
シーズン2の2つの遺構・・・
DSC_0685.jpg

グレの成長と重ね合わせて感慨にふけっていたら、
DSC_0689_20150530232610218.jpg
このひとにはそういうのは関係ないみたいで(笑)
DSC_0690.jpg

>へ?
DSC_0691_201505302332519e3.jpg

そろそろ帰ろっか?
DSC_0702.jpg

鉱山のむこうには浅間山が顔を出しています。フィナーレにふさわしい風景だ!
DSC_0699_20150530233929030.jpg

さようならシズカ山
DSC_0718.jpg

もうここにはなんにも造られない方がいいな。
DSC_0713_2015053023394714f.jpg

このまま名前通りに静かにすべてが自然に還っていってほしい、そんなことを想いながら、
DSC_0732.jpg

>シラネいおうこうざんタンケン、にんむカンリョウしました!
DSC_0745.jpg
(おわり)

にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 お出かけ・お散歩へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へ

 
スポンサーサイト
コメント
コメント
PCB トランス
はじめまして。

ここに放置されたトランスは、毒性が高いです。
液漏れしていませんでしたか?

発癌性があり、皮膚障害、内臓障害、ホルモン異常を引き起こすことがあります。

犬は大丈夫ですか?
2015/05/31(日) 17:59:34 | URL | とおりすがり #EBUSheBA [ 編集 ]
とおりすがりさん
ご指摘ありがとうございます。

幸い液漏れみたいのは見られず、また機器を触ったりもしませんでしたので、
特に問題なく探索を終えることができました。
2015/06/05(金) 01:56:44 | URL | bunnytheflat #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。