Bunny The Flat
フラットコーテッドレトリバーのグレースとウェルシュコーギーペンブロークのミルクのDog Life
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
砲弾海岸【後編】
かつてここで多数の砲弾や兵器が処分されたという、三浦市の砲弾海岸にきています。
DSC_0357_20160124231621e02.jpg

グレースは岩崖の下に嵌まっている鋼鉄片を見つけました!
DSC_0199_20160124231747740.jpg

>くんくん、なんですか?これ?
DSC_0198_201601242317430ac.jpg

黄みを帯びたぶ厚い鋼鉄のかたまりです!
DSC_0195_20160124231734624.jpg

先ほどの鋼鉄片と類似したものですが、長さが微妙に異なるリベット打ちの突起が2対出ているのが特徴です。
DSC_0205_201601242317543a9.jpg

内側には木目の跡のようなものがみられ、
DSC_0210_2016012423270487b.jpg
リベットの裏面は太い部材が左右跨いで繋がっています
DSC_0209_20160124232704864.jpg
この腐食の状況からすると相当古いものと思われます。なんらかの戦跡なのでしょうか?
DSC_0208_20160124232715cfd.jpg

>もうすこしスナハマのほうもよくミてみましょう!
DSC_0203.jpg

すると・・・

>あったあったー!ありましたよっ!
DSC_0365.jpg

グレについて砂浜の大浦側の端のほうにいってみると・・・
DSC_0337.jpg

>ここほれワンワワンッ!
DSC_0339_201601242340241af.jpg

>ホリホリホリッ!
DSC_0321_20160124234628724.jpg
>くんくくくんっ!
DSC_0314.jpg

>どーですか!?これ?
DSC_0342_20160124234028d06.jpg

これも何かはわかりませんが、なんらかの機械の一部と思われる頑丈そうな鋼鉄の部材です!
DSC_0343_20160124234033874.jpg
ヘタレなのでここまで掘るのが精一杯でしたが、引っ張っても抜けないのでまだ相当埋まっていそうでした!
DSC_0313.jpg

ううむ、何とも言えないけどいろんな怪しいものが埋まってるねえ、ここ!
DSC_0312_20160124235503637.jpg

今日のとこはこれでひとまずにして、泳いで砂を落として帰ろうか。
DSC_0361_20160125000118e2b.jpg
>ジャブジャブ、そうですね!つぎはさっきいけなかったあっちのスナハマをしらべたいです!
DSC_0290.jpg



・・・というわけで、日を改めてまた松輪にやってきましたよ!
別のとこから藪漕ぎして、前回行けなかった雨崎の砂浜に出れました!
DSCN4904.jpg

ミルクも一緒です!
DSCN4903.jpg

ここらへんにはかつて狙撃陣地があったとされていますが、
DSCN4907.jpg
現在では破壊されていて、壊れた塀や天水桶が散見されます。洗車(変換違います)が埋もれてたのもこのへんでしょう。
DSCN4905.jpg

ここ雨崎はアクセスしづらいとこなので秘境海岸と言われています。
DSCN4912.jpg

>いや~テンションあがっちゃいますねぇ~!
DSCN4913.jpg

さっそくジャブジャブ!
DSCN4916.jpg

>ぷはー、きれいなウミですねえ!
DSCN4914_201601250017216db.jpg

>ふぅ~!
DSCN4917.jpg

>いいねぇ~ここ!
DSCN4987.jpg

周囲を見渡すとこんな感じです



きのうの砲台の下の海岸とここを隔ててる絶壁のほうに行くと、洞窟があります!
DSCN4935.jpg

どうやらこれは特攻基地じゃなくて海蝕洞のようです。
DSCN4938.jpg

中に入ってみると、、
DSCN4942.jpg

内部はキャンプぐらいできそうな広さで、
DSCN4943.jpg

もう一か所開口しています!
DSCN4948.jpg

そこの外は3mくらいの崖で、頑張ればおりれそうでしたが、どうせ先が詰まるのはわかっているのでやめました(笑)
DSCN4944.jpg

任務に戻りましょう!
DSCN4951.jpg

戻ると・・・

ミ>もお~ナニやってんですか!?わたしはもうみっけちゃいましたよ!アヤしいの!
DSCN4998.jpg

ええっ!?

ミ>ほれっ!
DSCN4919.jpg

砂から顔を出しているのは、腐食しきった鋼鉄のフレームに裏打ちされた150x60cmほどの鋼板でした。
DSCN4921.jpg

何か車体の一部を想起させる感じ。
DSCN4929.jpg

腐食してるからもあるが、鉄板はかなり薄い感じ。
DSCN4922.jpg

これの正体は不明だが、
DSCN4963.jpg

相当の年月がたっているもののようでした。
DSCN4959.jpg

DSCN4965.jpg

更に周囲をみてみると5mくらい離れたとこに同じようなのが埋まってたり、
DSCN4958.jpg
こんなものが拾えました。白いのは陶器製の腫瘤団(変換違います)の破片でまちがいなさそう。
DSCN5020.jpg

これらはみな、この崖の上から捨てられたものなのでしょうか?
DSCN5007_2016012501010049d.jpg

ミ>かもね!
DSCN4992_20160125010628343.jpg

というわけで、あとは静かな浜で遊んで帰りましょう
DSCN4932_2016012501005052a.jpg

>ぷはーっ!


平和な現代からでは想像すら難しい時代・・・
DSCN4990.jpg

しかしその痕跡は時代の荒波に揉まれながらも、
DSCN4979.jpg

なんとか生き残り、現代の私たちにメッセージを伝えようとしているように感じました。
DSCN4996.jpg

三浦市の秘浜、砲弾海岸でした。
DSCN4957.jpg

にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 お出かけ・お散歩へ
にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へ

 
スポンサーサイト
コメント
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/01/27(水) 21:46:59 | | # [ 編集 ]
お疲れ様です
そこは旧軍の兵器が陶器製手榴弾から戦車に至るまで、処分された場所ですので、何があっても不思議は無いですね~
リベットなどを見る限り、まさにその時代の物の様ですしね
2016/01/28(木) 06:31:19 | URL | yakumo #- [ 編集 ]
yakumoさま
いつもありがとうございます。
短時間でざっと見ただけでこれだけ見つかりましたので
よく探せばまだ色々出てきそうですね!?
狙撃陣地跡周辺には穴もありましたし、遺構はまだ見きれていません。
非公式ですがここらでシュノーケリングすると海底から砲身が覗いているという情報も得ました。
でもシーズン中にここに来るのは違う意味でちょっと怖いですよね(笑)
2016/01/30(土) 09:00:48 | URL | Bunnytheflat #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.