Bunny The Flat
フラットコーテッドレトリバーのグレースとウェルシュコーギーペンブロークのミルクのDog Life
201702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201703
手石・震洋特攻艇秘密基地跡 前編
南伊豆の手石という地区の小さな漁港に来ました。海の色がとてもきれいです。
DSC_5767.jpg
このあたりに不思議な洞窟が密集していると聞いてやってきました。
DSC_5772.jpg

振り返るとさっそく、港に面した斜面に洞窟がありました。
DSC_5774.jpg
古い手掘りの洞窟です。奥行きは10mほどです。
天井にはつっかえ棒がしてあって、漁業関係者のものと思われるものがおいてあります。
DSC_5776.jpg
 
すぐ左隣にも、同じような手掘りの洞窟がありました。
DSC_5779.jpg
こちらには落ち葉やペットボトルなどのごみがちらかっています。
DSC_5777.jpg
その左には港に伸びる堤防が崖にくっつく形で始まっています。
港の護岸と、この堤防によって、2つの洞窟は海水に晒されることがなくなって久しいようでした。
堤防の向う側は砂浜になっていて、ちょっと見えていますが隣りにまだ洞窟があるようです。
それがこれですね。
DSC_5799.jpg
といいつつも…、

堤防に登った瞬間に、想像以上の景色が目に飛び込んできました!
DSC_5798.jpg

これを見てもまだ何が想像以上かわかりにくいと思いますので、堤防上を沖に向かって歩いてみましょう。
グレースはそこで待っててね。
DSC_5795.jpg

グレースの目の前の洞窟に続いて、
DSC_5792.jpg

海に向かって突き出た崖に、等間隔にさらに3つの洞窟が並んでいます。
DSC_5791.jpg

それらはエメラルドグリーンの海面のわずか数10センチという絶妙な高さに開口しています。
DSC_5789.jpg

先に見たものを含め、計7つの謎の手掘りの洞窟。
これらは戦争末期に作られた特攻艇・震洋がおさめられていたものだったのです。
震洋の詳しい説明はこちらに譲り、割愛しますが、ベニヤ製の粗末なボートだったそうです。
ここ手石には軍港・下田を守るために、第51震洋隊が配備されたという記録があります。

さて、グレースの待つ砂浜上の洞窟から、4つを順番に見ていきましょう。
DSC_5797.jpg
手掘りの荒々しい壁面とは対照的に、床面は丁寧に平たく作られていますね。
DSC_5800.jpg
奥行きはやはり10mくらいです。
DSC_5803.jpg

ミルクも合流して、海面上に浮かぶ3つの洞窟探索に移ります。
DSC_5809.jpg
1つ目。
DSC_5805.jpg
満潮時に海水がゴミを連れ去るからか、内部はきれいです。ほんの少し左に曲がっています。
DSC_5806.jpg

岩の割れ目を飛び越えて2つ目に行きます。緑色のとこは滑るので注意が必要です。
DSC_5804.jpg

DSC_5828.jpg
>ここが2つ目の入り口だよ
DSC_5830.jpg
ふむふむ。
DSC_5930.jpg

同じように内部はきれいで、今度は右に少し曲がっています。
DSC_5811.jpg
入り口にはボートを係留するためのものでしょうか、金具が残っています。
DSC_5928.jpg
少しだけ残ったワイヤーが何かを訴えているような気がします。
DSC_5822.jpg

>たいへんです、壁になにか書いてありますよ!
>えっ!?
DSC_5813.jpg

なんと、そこには達筆な字で4名の人名が刻んでありました。
DSC_5816.jpg
この4つの穴のなかで出撃を待っていた兵士の方々の名前でしょうか、
丁寧に刻み込まれた文字のひとつひとつに、いろんな思いが込められているように感じました。
ここに配属された第51震洋隊は、任務の遂行のないまま終戦を迎えたとのことです。
それを知って安堵しましたが、しかしこの文字を刻むときの心境は、想像を絶するものがあります。
DSC_5819.jpg

気を取り直し、ここに並んだ最後の洞窟に行きましょう。
DSC_5918.jpg
>わたしがまっさきに行きます!
DSC_5921.jpg
これが4つ目、いちばん沖側に位置する洞窟です。
DSC_5838.jpg
これの特徴は、入り口付近左壁の突起、天井側面に穴が並んでいるのと、
DSC_5924_20140116200016972.jpg
両サイドに金具が埋め込まれてロープが渡してあります。
DSC_5833.jpg
それに、入り口地面にはっきりとした溝があります。
DSC_5835.jpg
それぞれが何の目的を持っているのか、定かではありませんが、
DSC_5836.jpg
遺されたこれらのひとつひとつが、現代のわれわれに対して、
DSC_5843.jpg
何かを一生懸命伝えようとしているように感じました。
DSC_5845.jpg

洞窟を見ながら岸壁の突端まで来ましたが、向う側にまた小さな入り江が続いているようです。
DSC_5842.jpg
まだまだ、探索を続けましょう。
DSC_5850.jpg
(続く)

にほんブログ村 犬ブログ フラットコーテッドレトリバーへ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 お出かけ・お散歩へ
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.